アジア圏限定!格安に英語留学ができる4つの国【特徴・費用】

近年、フィリピン留学を筆頭に、アジア圏での英語留学主流になってきています。

英語圏での留学は、

「費用が高い」

「日本から遠く、時差が心配」

「長期間の留学期間が必要」

と頭を抱えたくなりますよね。

 

そこで、オススメしたいのがアジア圏での格安英語留学です。

・費用が安い

・日本から近い

・1週間から留学が可能

と、まさに費用対効果を求めている方にはぴったりの留学先です。

 

そんなアジアで留学できるオススメの国をあげてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

 

アジア圏限定!格安に英語留学ができる4つの国【特徴・費用】

 

フィリピン

フィリピンは、世界でもトップレベルの英語力を持っており、国民のほとんどが英語を話す事が出来ます。

アジアではダントツの人気英語留学先として有名です。

マンツーマン授業を主に小グループ授業の組み合わせで、

費用を抑えながらも短期間で効率よく英語を学ぶ事が出来ます。

言語 英語、ビサヤ語
留学費用(1ヶ月) 12~25万(生活費込み)
授業スタイル マンツーマン授業とグループ授業(少人数)
治安 場所によっては良くない
留学生の国籍 日本、台湾、韓国、ベトナム、アラブ、ロシア

 

フィリピンセブ島留学についてはこちらの記事も合わせてどうぞ

記事:フィリピン・セブ島留学9つの魅力

記事:セブ島留学の総費用は?【一目でわかる期間別早見表】

 

 

マレーシア

マレーシアへの語学留学では、アメリカやイギリス、オーストラリアなどのネイティブ講師から英語を学ぶ事が出来ます。

安く、費用を抑えてネイティブ講師か英語を学びたい方にはオススメの留学先です。

また、マレーシアは物価が安い国でありながら、都市部は先進国と変わらない設備が整っており、

生活水準を日本と同等に保ちながら、留学できる環境が整っています。

言語 マレー語、英語、中国語
留学費用(1ヶ月) 15~25万(生活費込み)
授業スタイル グループ授業(少人数)がメイン
治安 良い
留学生の国籍 韓国人、中国人、台湾人、ロシア人、アラブ人

 

 

インドネシア

インドネシアでは、世界の人口ランキング第4位の活気のある経済を横目に、

英語を学ぶ事が出来ます。エステ・マッサージ留学ができることでも有名です。

観光地でも有名なバリで休みの日にリラックスしながら学習することも可能。

また、食事も日本人の口に合うものが多く、生活面でのストレスは少ないです。

注意点としては、宗教上の理由で、アルコール・豚肉を食す事が出来ません。

言語 インドネシア語、マレー語、英語
留学費用(1ヶ月) 10~20万(生活費込み)
授業スタイル グループ授業(少人数)がメイン
マンツーマン授業を選択することも可能
治安 場所によっては良くない
留学生の国籍 韓国人、中国人、日本人

 

 

フィジー

フィジーは、近年人気が急上昇している留学先の1つです。

リゾート気分で南国を感じながら英語を学習する事が出来ます。

また、イギリスの植民地だった背景もあり、英語の発音はイギリスの発音に近いです。

物価も安く、オーストラリアやニュージランドへ飛行機ですぐに行けるので、

ワーホリとの組み合わせがオススメです。

言語 英語、フィジー語
留学費用(1ヶ月) 10~17万(生活費込み)
授業スタイル グループ授業がメイン
治安 良い
留学生の国籍 90%が日本人

 

 

アジア圏限定!格安に英語留学ができる4つの国のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今後は、アジア圏での英語留学が主流になっていくと予想されています。

国によって、費用や留学スタイルは大きく異なってくるので、自身にあった留学先を見つけてくださいね。

 

フィリピン留学についてのご相談はこちらから

 

Category: セブ留学お役立ち情報


山岡 弘卓

セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

Related Post