【実体験】フィリピン留学からのワーホリを成功させる3つのコツ

フィリピン、セブ島留学の約30%の人が卒業後にワーホリに行くというデータが出ています。

 

最近では、よく耳にする2カ国留学。

成功談より、失敗談の方が圧倒的に多いように感じます。

実際に企業も、ワーホリ経験者は警戒している?なんて話も聞きます。

 

ワーホリを成功させたい方!セブ留学にでワーホリの生活は大きく変わりますよ?ぜひ参考にしてください!

これからセブ留学の後にワーホリを考えている方は必見です!

 

ワーホリ、2カ国留学

私も、実際に英語力0からセブ留学→ワーホリと経験しています。

およそ、ワーホリ経験者の70%が失敗に終わるワーホリ。

実際に企業からは、ワーホリ経験があるものに対して、必ず「何を得ましたか?」と質問されます。

理由としては

 

ワーホリは遊び

 

というイメージが付いているからです。

 

本来の目的であるはずの英語力を伸ばせず、日本人コミュニティーに依存してしまい、気がついたら一年が経過。。

というようなケースが多発しています。

 

そのような光景を見ながら実体験の中で感じた、

セブ留学している間にやっておくと良かったこと、成功するための3つのコツをお伝えします。

 

1.英語を話せないという無駄な恥を捨てる

日本人がアジアでもトップレベルで英語が話せない理由が、英語に対して、話せないという恥を持っている事です。

例えば、生徒と講師のやりとりで以下のような場面によく出くわします。

 

講師:Hey don’t be shy.Let me know your opinion.(恥ずかしがらないで、あなたの意見を聞かせてくれる?)
生徒:Ummmm sorry teacher because i can’t speak English very well..(先生ごめん、うまく英語話されへんねん。。)
講師:You can do it!!Just try to speak!!(頑張って!できるから!)
生徒:………………….

 

はい、これほんとに日本人留学あるあるです。。笑

フィリピン授業はマンツーマンがメインですが、

これは恥ずかしがり屋の日本人にとって人気の理由の一つです。

なぜなら、他の生徒の前で話さなくていいから。

社会に出ると、もちろん人との関わりはいつも一対一では無いですよね。

まずは、話せなくても話す!恥を捨てることが大切です。

 

 

2.コミュニケーション能力を磨く

英語に自信がなくてあまり話さない人

英語に自信は無いけどとりあえず話まくる人

 

ワーホリで成功している人は後者の方が圧倒的に成長スピードは早いです。

せっかく海外に来ているので、日本とは違った環境を最大限に活かしましょう!

 

セブ島はご存知の通り、アジアでも有数のリゾートアイランドです。

そのため多くの国籍の人たちがいます。

私は、今までにセブでいろんな国の人と交流し、出会ってきました。

学校の中だけが留学の全てではありません。

どんどん外に出て他国籍の人たちと仲良くなりましょう!

 

もし、希望があればその時に培った多国籍のコミュニティーなどもご紹介できるので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

フィリピン留学ではひたすら英語を話しまくりましょう!

その自信こそが今後のワーホリ生活をする上でとても重要です。

英語でコミュニケーションさえ取ることができれば、仕事探しなんてとても簡単です!

 

3.目標を立てる

おそらくワーホリに行ってる方で目標を立てて来ている人はとても少なかったように感じました。

ただ、この目標を立てることは英語を学ぶモチベーションにも繋がるのでとても大事です。

私の場合は、こんな感じ。

 

英語を話せるようになりたい

いろんな人と話したい

よし!1日に知らない人、3人と会話をしよう!

・Googlmapを使わずにあえて通りすがりの人に道を聞く

・暇そうなカフェで、店員さんを捕まえる

・meet up(交流会)に参加する

 

上記を意識して、具体的な目標を立てていました。

これが、英語力アップに直接繋がるのかはわかりませんが、

コネクションはめちゃくちゃ広がりました。

少なくとも、部屋でだらだらYoutubeを見る頻度は減りますね。

その繋がりから、英語も全然話せないくせに、日本食レストランではなく、

ローカルレストランで働くこともできました。面接があれば落とされてそう。笑

 

このような目標は、セブ留学中に立ててしまえば、

ワーホリでも習慣として行うことができると思いますのでおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

セブ留学の時点で、ワーホリに行くことが決まっているのであればあらかじめ目標を立ててしまいましょう!

せっかくの海外なのに、部屋で引きこもっているだけではもったいないですよね。

当社セブリッジは学校紹介だけではなく、実体験からのアドバイスもさせていただきますので、

ぜひぜひ、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

カテゴリ: 留学お役立ち情報

この記事を書いた人:山岡 弘卓(Yamaoka Hirotaka)

株式会社CEBRIDGE代表取締役。 セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

あなたにオススメの記事