【2019年最新版】SMモールで買えるセブ島おすすめお土産12選

旅行や留学などで近年渡航者が増えているフィリピンのセブ島。

せっかくの海外であれば思い出に残るお土産や、皆に喜んでもらえるお土産が買いたいですよね。
 
「来てみたものの、何をお土産で買っていいのか分からない」、「どこで買えばいいのか分からない」など、調べている方はこちらの記事を参考にしてみてください。

今回はフィリピンセブ島にあるSMモールセブだけで完結できるお土産12選を紹介します。前半の7つは日用品などのお土産、後半の5つは食べ物を紹介しております。

 

SMモールは、フィリピンセブ島の大型ショッピングモールの「アヤラモール 」に次いでの人気モールです。

『SM City』と『SM Seaside』の2つがセブ内にあります。

SM Cityはアヤラモール と同等の大きさですが、

SM seasideは大きさでいうと、「SMシーサイド」はアジアで3番目にに大きいショッピングモールです。その大きさは、なんと東京ドーム5個分の広さ!

 

今回は市内からアクセスの便利なSM Cityで購入できるオススメのお土産をご紹介します。

SM Seasideでもほぼ同じ商品、ショップを扱っていますので、そちらでも購入可能です!

 

SMシティーの詳細

住所 Juan Luna Avenue, North Reclamation Area, Cebu City, Cebu, Philippines
電話番号 +63 32 231 0557
営業時間 10時〜21時(無休/但し店舗により異なる)
ホームページ https://www.smsupermalls.com/mall-locator/sm-city-cebu/information/

 

 

SM シーサイドの詳細

Image result for sm seaside cebu

住所
Level 3,Reclamation Area, Cebu South Coastal Rd, Cebu City, 6000 Cebu, Philippines
電話番号 +63 32 340 8756
営業時間 日曜〜木曜:10時〜21時
金曜・土曜・祝前日:10時〜22時(無休/但し店舗により異なる)
ホームページ https://www.smsupermalls.com/mall-locator/sm-seaside-city-cebu/information

 

 

【2019年最新版】SMモールセブで買えるセブ島おすすめお土産12選

 

1.パパイヤ石鹸

日本では珍しい香りの石鹸で、泡立ちは多くないもののお肌スベスベになり、良い香りが長持ちします。

お肌の好みもありますが、女性には喜ばれるお土産ではないでしょうか。

パパイヤなどの香りが人気で、こちらの【Silka】というブランドがおすすめです。

袋入りでは低価格で手に入りますので、ばら撒き用に購入するのにも便利です。

箱入りで高級感があるものもありますので、渡す人によって使い分けることが出来ます。

しかし、箱入りのものには【Buy one get one!】や【Save 5pesos!】などのキャンペーンや割引きが記載されてますので、恥ずかしいことがないように注意してください。

ひと箱90円、袋入りだと45円ほどで手に入れられる価格も魅力です。

 

2.貝殻細工

 

貝殻で作られた置物や貝殻が張り付けられた置物などが可愛いと言われる人気のお土産。

その他南国らしく、貝殻で作られたネックレスなども女性のお土産などにおすすめです。

そして最近特に人気を集めているのは、写真にあるような貝殻で作られたお皿と写真立てです。

お皿は非常に軽くプラスチックのようなものですが、よく見るとしっかり貝殻で出来ており、涼しいイメージは好感が持てます。

チップスや軽いフルーツを乗せると、より見た目も良くなりますので、ぜひ試しを。

写真立ても良く見るとしっかり貝殻が使われており、セブの思い出の写真と共にご自宅に置いてみてはいかがでしょうか。

素材がいいものだと500円ほどしますが、軽いお皿であれば200円ほどで購入できます。

 

3.麦わら細工

 

こちらも特に女性に人気のお土産。

こちらのコーナーでは多くの女性観光客らしき人が後を絶ちません。

夕焼けが美しいビーチで、麦わら帽とサングラスをまとい、ミニポーチの代わりに持ってみると、南国の雰囲気そものが味わえます。

麦わらであってもしっかりと編み込まれてますので、見た目より丈夫なバッグやポーチは使い勝手が良いでしょう。

色合いも明るく、可愛いので女性のお友達などにピッタリですね。

少し高級感がありながら、お値段もそこまで高くないのでおすすめです。

 

4.セブTシャツ

 

どの世代にも合わせられるデザインやサイズが便利なセブ特有のお土産です。

海や夕焼け、ジプニーなどのデザインは普段着としてもおしゃれで、種類が色々とありますので、選ぶ側としても楽しむことが出来ます。

お店によってはTシャツ代込みで800円ほどで好きなローマ字をプリント出来るサービスがあります。

安いもので220円ほどで手に入れることも出来ます。

また、オスロブやカモテスなどの観光地のプリントが入ったシャツも思い出が詰まってますので、自分用のお土産としてもおすすめです。

 

5.キーホルダー

 

ギターやシャツ、サンダルなどを型取った手のひらサイズのキーホルダーは可愛らしく、お子さんから女性の方々など、多くの方に喜ばれるお土産の一つ。

また、軽くどこにでも持ち運び可能なため、カバンや鍵などに付けて旅行を思い出すことが出来きます。

1つ当たり20円から50円ほどで売っており、まとめて購入するとさらに値引きしてくれます。

こちらは街中でも購入数ことが出来るのですが、観光客と分かって少し高めに値段設定してくるので、SMモールのような安心の場所で買うのが安全です。少し割高にはなってしまいますが、交渉したり嫌な思いをすることが無くなります。

 

6.ジプニー模型

 

ジプニー(Jeepney)とはフィリピン現地で主要の交通手段で、乗り合いバスのことです。

値段も安く、ピーク時には30秒に1本ほど出ているほど、町中の至る所で見れます。

このジプニーの模型や置物が現在人気を集めており、フィリピンが有名になればなるほど、このお土産の認知度も上がっていくでしょう。

小さな男の子のお土産にぴったしですね。

バイクタクシーの模型もありますので、こちらも一度ご覧ください。一つ300円から500円ほどです。

 

7.バッグ

 

セブのロゴが入ったものやビーチの写真のようなものがプリントされたバッグです。

日本の夏で、軽いお出かけやビーチに行くときに便利でおしゃれなバッグですね。

ジプニーやビーチなど、販売しているお店によっていろいろな種類のプリントがありますので、お気に入りのものを見つけてお土産にしていってください。

ノートパソコンやテキストなどがぴったし入るサイズと、安価な値段なので大学生のお土産にもおすすめです。

 

8.チチャロン

フィリピンを代表するスナック菓子の一つ。

豚の皮をカリカリに揚げたチチャロンは、現地では酢やしょうゆを付けながら、たまにライスと一緒にほおばるスタイルなため、間食という位置づけでもあります。

また少し脂っぽい味付けなので、ビールや日本酒などのキリッとしたお酒に合うと思います。

ポテトチップスなどのようなパッケージの袋菓子タイプのチチャロンはさらにスナック菓子に近づいており、お菓子として食べるのであればそちらの方がおすすめです。

どちらも50円ほどと安価で重量も軽いのでおすすめなのですが、袋菓子スタイルなためかさばってしまうという欠点があります。

お土産でいろんな人に配るというよりは、家族用の酒のつまみにいかがでしょうか。

 

9.ドライフルーツ

 

南国のフィリピンといえばドライフルーツがナンバーワンの知名度ですね。

特に日本ではあまりない南国フルーツ、マンゴー、パパイヤ、パイナップルなどが人気のお土産です。

マンゴーは他のものに比べて200円前後と少し高いのですが、酸味と甘みがしっかりと混ざってとても美味しく、そして喜ばれるお土産です。

チョコレートをコーティングしたものが最近流行っており、高級感があるので少し気を遣った人へのお土産にいかがでしょうか。

パパイヤやパイナップルはそれぞれ1袋100円未満なので安く、意外と柔らかいのでお年寄りの方にも喜ばれるお土産です。

その他、ココナッツやジャックフルーツなどはデパートで色々と並んでますので、選ぶだけでもわくわくしますね。

 

10.バナナチップス

 

こちらもフィリピンと言えば!のお土産ですよね。

日本のスーパーに並んでいるバナナはほとんどがフィリピン産。

そのまま持って帰れば良いのですが、1週間の日持ちなのでなかなか持って帰れませんよね。

そこでこのバナナチップスは軽く日持ちも良く、そして安価というバランスの取れたお土産です。

写真にあるJOVY’Sというメーカーが人気で写真を撮った日は土曜日ということもあり、残り5・6個という人気ぶりです。

バナナ本来の甘みに砂糖を加え更に揚げているのですが、からっとすっきりしている味がファンがたくさんいる証拠です。

他のブランド含め一袋50円から70円という安価な値段にも惹かれますよね。

 

11.ポルボロン

あまりなじみは無いかもしれませんが、一度フィリピンに来たことある方は見覚えがありませんか。

セブンイレブンのレジの横に一袋で売られているものです。

スペイン植民地時代に影響を受けたお菓子だそうで、日本でいう麩菓子とクッキーの間ぐらいの食感です。

見た目は少し太めのクッキーなのですが、噛むとボロボロと崩れて、ケーキのような風味が押し寄せてきます。

コーヒーやクッキークリームなど、味が色々あり、ちょっとおしゃれなお土産です。

クッキーより少し粉末が強いので、紅茶やコーヒーの一緒に食べるのがベストです。

お土産店では100円から300円ほどで箱型や袋型など色々なパッケージを選ぶことができ、また全種類の味が入ったものもありますので、とても便利なお土産です。

 

12.ロスキロス/オタップ

 

お菓子の種類としては別物ですが、クッキー系統としてどちらも一緒にまとめさせていただきました。

Rosquillosはセブ発祥のビスケットで、程よく砂糖がかかっており、ティータイムにぴったしです。

フィリピンに来たことがある方は分かるかもしれませんが、こちら現地では色々なお菓子にふんだんに砂糖を使います。

しかしこのRosquillosはサクッとしてすっきりした味わいになっています。その反対にOtapは砂糖をふんだんに使っていますが、カリっと揚がった感触にとってもマッチしますので、これはこれでとても美味しいです。

日本のお菓子で表すとうなぎパイや源氏パイのような感触です。

Otapは特に安価で購入できますので、いっぱい買って職場のお土産にも便利です。

 

 

SMモールセブのオススメお土産ショップ3選

いかがでしたでしょうか?これらのお土産はSMモールだけで完結出来ちゃうんです。

留学で土日しかない、ビーチや近隣の島に行っていたのであまり時間が無い、などの方にも参考になったのではないでしょうか。

そして今回ご紹介した12種のお土産は今から紹介する3つの店舗で買うことが出来ます。

 

「KULTURA」

Image result for kultura cebu

ラディゾンブルー側の1階にあるお土産専門店です。中にはいろんな種類のお土産があり、土日はいつも観光客でにぎわっています。他の店舗に比べると少し高級なお土産や、上品なものが置いてあります。

 

「SM Department」

KULTURAの商品なども置いてあるデパートの2階にあるものです。

店員が多いので、いろんな質問が出来るという利点があります。

大きさはKULTURAほどではありませんが、それでもいろんな種類のお土産があります。

 

「SM Supermarket」

食べ物系のお土産は全てスーパーマーケットで完結出来ます。

一般の食料品やセブにしかない調味料など、色々と散策しながら楽しめる点がおすすめです。

お菓子のコーナーの横にドライフルーツなどが固まって陳列されています。

また、石鹸等もこちらで買うことが出来ます。
そのほかにも「Island Souvenirs」というお土産屋さんもありますので、旅行や留学中1日時間が出来たら、ランチやお茶をしながらゆっくりと散策してみてはいかがでしょうか。

 

【2019年最新版】SMモールセブで買えるセブ島おすすめお土産12選のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

セブ島で1番人気のアヤラモール と並ぶ人気のショッピングモールSMモール。

アヤラモール の人気お土産はこちらの記事でまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

 

旅行で来られた方、留学中の方はぜひ足を運んでみてくださいね!

 

 

セブ留学についてのご相談はこちらから

 

Category: セブ留学お役立ち情報

One thought on “【2019年最新版】SMモールで買えるセブ島おすすめお土産12選

Comments are closed.


山岡 弘卓

セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

Related Post