フィリピンでの移動手段といえば、Grabやタクシー、ジプニーですよね。

日本よりは断然に安いのですが、

フィリピン歴が長くなるにつれて、その金額さえ「高いなぁ」と感じる時があります。

慣れって恐ろしい。。

 

「移動する際に無駄なお金を使いたくない」

「最速で目的地に行きたい」

 

そんな方にオススメの移動手段が、配車アプリ「ANGKAS」を使ったバイクタクシー。

 

バイクタクシーと言えば、

・危ない

・ヘルメットが汚い

・料金をぼったくってくる

・道を説明しても理解してくれない

 

というようなイメージが強いですよね。

留学生や旅行客が使うには、難易度が高く、

安全面を考えてもオススメはできませんでした。

 

しかし、「ANGKAS」はアプリ上で事前に行き先を指定し、

ドライバーを呼んでくれる配車アプリです。

英語が話せなくても、バイクタクシーに乗れる。

しかも料金も事前に決まっているので、ぼったくられません。

 

日本で言う所の「Uber」のバイクタクシーバージョンですね。

私もフィリピン・セブ島での移動はいつもアンガスを使用しています。

 

そんな便利なアプリの使い方を完全マスターしちゃいましょう。

約3分で読める簡単な記事なので、サクッと参考にしてみてください。

 

 

ANGKAS(アンガス)の特徴

 

・ヘルメットが綺麗

・料金のトラブルがない

・マスクをタダでもらえる

・行き先を口頭で伝えなくていい

・渋滞を気にせず、料金もタクシーの約半額

・すぐにドライバーが見つかる(セブ市内の場合)

 

セブでの生活が少し慣れてきた方であれば、活用するのもありですね。

 

 

ANGKAS(アンガス)の登録方法・使い方

 

まずはGooglePlayもしくは、Appstoreからアプリをダウンロードします。

「ANGKAS」iPhone版

「ANGKAS」Android版

※日本のアップルアカウントまたはGooglePlayアカウントの場合は、インストール出来ないみたいです。その場合は、フィリピンで新しく捨てアカウントを作成する必要があります。

 

インストールすると、初めの画面で個人情報の入力が必須になるので、ローマ字で自分の名前とメールアドレス、連絡可能なフィリピンの携帯番号を入力していきます。

電話番号を持っていない方は、簡単に取得できます。

こちらの記事で解説しています。

【2018年最新版】セブ島の携帯会社GlobeとSmartの料金プランを徹底比較

 

 

すると、電話番号にSMSで4桁の認証番号が送られてきますので、ANGKASのアプリに入力し、登録完了です。

 

 

上記画像がデフォルトの状態です。

上から順に、

現在地→目的地を入力すると、下の欄に料金が表示されます。

ドライバーの到着時間も確認し、BOOK NOWをタップすると自動でドライバーを探し始めます。

 

ANGKASは通勤ラッシュの時間帯でも、特に価格の変化は起きなかったので、

どの時間帯も料金は変わらず、移動距離によって料金は計算されているのでしょう。

ちなみに、現金ペソのみの支払いとなります。

 

ドライバーが見つかると、上記のような画面が表示されます。

バイクの車種、ナンバープレート、ドライバーの情報が表示されます。

SMSや電話を使い、コンタクトを取ることもできますので、

なかなか合流できない場合は、積極的にこれらのツールを使いましょう。

 

 

そんなこんなで、3分ほど待つと、ドライバー登場!

HONADAのバイクで登場。

念の為、ナンバープレートを確認し、ANGKASの画面でお互いの情報を確認し合います。

バイクの車種は、ドライバーによって違います。

 

ちなみに、この青いデザインのヘルメットがANGKASの目印です。

 

ヘルメットも綺麗でした!

フルフェイスタイプで、少し暑苦しいですが、安全の為仕方ありません。

 

雨の日は、カッパを用意してくれていますので、上半身が濡れることはありません。

ただ、下半身はびしょびしょになるので、要注意。

雨の日のバイクタクシーは本当にオススメしません。笑

 

 

目的地に到着したら、アプリ上で表記されていた料金をドライバーに支払います。

 

私は、かれこれ30回以上は仕様していますが、

ぼったくってきたりすることは全くありませんでした。

 

 

お釣りがなく、少し多めに払うケースはありえるので、

タクシーを使うときもそうですが、必ず500ペソ以下の細かいお金を用意しておきましょう。

 

 

新たな移動手段「ANGKAS」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

追記として、バイクタクシーの使用を禁止している学校もありますので、学校の規則に従ってくださいね。

 

その他フィリピンでの移動手段の記事はこちらでまとめていますので、参考にしてみてください。

たったの17円?セブ島4つの移動手段

 


山岡 弘卓

セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。