留学経験は就活で有利になる?メリット・デメリットや活用のポイントを紹介

留学経験を就活に活かしたいと考える方がまず知っておかなくてはならないことがあります。それは、留学経験が就活にもたらすのは、メリットだけではなくデメリットもあるという点です。

これから留学をお考えの方は、留学に過度な期待を寄せるのではなく、デメリットがあるという点も承知した上で留学をするか否かを検討しましょう。

目次

留学が就活にもたらす3つのメリット

留学では、国内では体験できないあらゆることを体験できるため、物事の考え方やコミュニケーションなどについての視野が広がります。

しかし留学には、就活にもたらすさらなるメリットがあるのです。

1. 英語力をアピールできる

英語力をアピールできるという点、これが就活にもたらす留学の大きなメリットです。

つまり、就活先の選択肢が増えるということで、英語力を持たないライバルたちよりも就活に有利に働く可能性があるということなのです。

特に外資系への就職を希望する場合では、英語力が必須となっていることが多く、英語力をアピールできたことが採用につながったケースを多く見受けます。

2. コミュニケーション能力をアピールできる

留学においては、海外の方々とあらゆるシーンでコミュニケーションを取る必要があるため、嫌でもコミュニケーション能力が身に付きます。コミュニケーション能力をアピールできるということは、あらゆる職種への対応が可能だとみなされることがありますので、この点も留学のメリットだといえるでしょう。

たとえば、企業の要ともいえる営業部門ではコミュニケ―ション能力が必須ですので、留学で身に付いたコミュニケーション能力が高く評価される可能性があります。

3. 多様性をアピールできる

海外では日本にはない文化に触れる機会が多いため、考え方の視野が広がります。

また、留学では日本で身に付いた固定概念も取り払うことができますので、あらゆる視点から物事を俯瞰して見られる力も身に付きます。

つまり、就活においては多様性をアピールできるということですね。

留学が就活にもたらす3つのデメリット

就活における留学経験には確かにメリットがありますが、その一方で注意が必要なデメリットもあります。

1. 企業からの期待値が上がる

近年、多くの企業が留学経験を持つ学生を採用したがる傾向にありますが、それは「留学経験者=高い英語力を持つ者」という考え方が根底にあるからです。つまり、留学経験者というだけで企業の期待値が上がり、就活のハードルが高くなる可能性があるということです。

英語力のレベルは留学期間や留学先の国によって差が生じる可能性が高いのですが、企業側はその部分を見ることはほとんどないため、「留学経験者=即戦力になりそうな人物」だと考える傾向が強いと考えておく必要があるでしょう。

2. 就活期間が合わない可能性がある

就活生あるあるとして挙げられるのは、就活期間が留学と被ってしまい、就活がうまく運ばなかったということです。もちろん、あらかじめきちんとスケジュール調整をしておけば、その心配はなくなるかもしれません。

しかし、日本国内における会社説明会の期間と留学期間が被ってしまう可能性もゼロではないのです。そうならないためには、大学1年生もしくは大学2年生で留学をしておき、余裕のある就活を行える環境を整えておくなどで対策しておく必要があるでしょう。

3. 新卒としてエントリーできない場合がある

2010年以降、3年以内の既卒者であれば、留学後でも新卒としてエントリーできる企業が増えてきています。これは厚生労働省の呼びかけによるものですが、その一方で「既卒」ではなく「卒業見込み」の学生のみをターゲットとしている会社では、大学卒業後に留学した学生を「既卒」とみなす場合もあるのです。

つまり、このような会社では留学後に新卒としてエントリーできない可能性があるということで、エントリーできる企業が限定的になる可能性があるということです。

留学経験を就活に生かすためのポイント

留学が就活にもたらすものには、メリットだけでなくデメリットもあることがわかりました。しかし、時間と費用をかけて決行した留学なら、できる限りその経験を就活に生かしたいものです。

それでは、留学経験を就活に生かすためのポイントについて紹介しましょう。

目的や計画を持って留学に臨む

留学するにあたっては、「何のために留学するのか」「就活と期間が被らないか」などについて、しっかりと計画を立てておかなくてはなりません。

たとえば、就活浪人する覚悟があるなら、目的や留学期間についてそれほど神経質に考える必要はないでしょう。しかし、大卒後ストレートで就活成功を狙いたいなら、就活期間に入る前までに留学を済ませておくといった計画性が重要なカギを握ります。

留学や就活の方法や考え方には個人差がありますので、まずは留学する目的をはっきりとさせた上で、綿密な計画を立てる必要があるでしょう。

留学中に自己分析をし、自己PRを作成しておく

「就活については帰国してから考えればいい」というような呑気な考え方を持っていると、帰国後の就活成功率はグンと低くなるでしょう。というのは、このような考え方の方は、帰国後の自分のあり方についての考えがまとまっておらず、その姿勢がそのまま就活に反映されてしまう可能性が高いからです。

就活で大事なことは、「企業に対していかに自己PRできるのか」という部分です。つまり、留学中には冷静に自己分析を行い、自己PRを作成しておくことが大切だということなのです。

現地での就職フェアに参加する

留学先では、なるべく就職フェアに参加して、日本人同士のコミュニティを確立しておきましょう。それをしておくことで情報を交換でき、うまくすると就活に成功した先輩からも有益な情報を引き出すことができるかもしれません。

また、企業によっては各国の留学生の元を訪れて企業説明会や面接を行う場合もあるため、そのチャンスを生かさないという手はありません。そして、このようなチャンスを逃がさないためには、あらかじめ就職フェアのスケジュールをしっかりと確認しておくことが大切なのです。

【結論】留学経験が就活に有利・不利になるかはその人次第

留学の考え方は人それぞれであり、それが就活に有利に働くか、それとも不利に働くかは、結局のところ本人次第です。

もしも留学を就活に有利に働かせたいと考えるのなら、事前に留学の目的をはっきりとさせた上で、就活と被らないスケジュールを組んでおくことが大切です。たとえば、「外資系の○○部門で働くための留学で、留学期間は6か月間」というように、目的と期間をはっきりさせておけば、留学が就活に有利に働く可能性が広がるでしょう。

まとめ

今回は、留学経験が就活に有利になるのか不利になるのか、留学経験が就活にもたらす3つのメリット・デメリット、留学経験を就活に生かすためのポイントについて紹介してきました。

留学は、ただ単に「就活に有利になるから」という理由で決行してしまうと、就活に有利に働かず、後悔することになりかねません。そうならないためには、留学する目的を明確にしておき、就活に不利にならないスケジュールをきちんと立ててから留学する必要があるでしょう。

気になること、ありませんでしたか?

気になること
ありませんでしたか?

記事を読んでいて、分からない点や、気になるところなどあれば、CEBRIDGE公式LINEから 気軽に質問ができます。その他、「学校診断」「無料カウンセリング」「割引特典」などお得な情報が満載です。気軽に登録してみてください。

この記事を書いた人

株式会社CEBRIDGE代表取締役。
セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。
月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。
今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。
実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

目次
閉じる