1週間の短期から可能!フィリピン・セブ島留学の費用とは?

格安と言われているフィリピン留学、行きたいけど実際どのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。

予算を無駄にすることなく、できるだけ費用を抑えて留学したいという希望を持っているのはあなただけではないですよ。

CEBRIDGEはこれまで多くの方の留学をサポートしてきました。

その方に合った予算で希望に合った留学先を提案してきているので、フィリピン・セブ島留学にかかる費用に関しても熟知しています。

 

そこで本記事では、フィリピン・セブ島留学にかかる費用の内訳と、期間別の費用をご紹介します。

この記事を読んで、フィリピン・セブ島留学に必要な費用や節約ポイントをチェックしてみてくださいね。
そうすることで、よりあなたに合った留学先を見つけることができるでしょう。

 

【期間別】フィリピン・セブ島留学にかかる費用

フィリピン留学にかかる費用を期間別にまとめましたので、あなたの希望の期間と予算を照らし合わせてみてくださいね。

費用はセブ島で人気の3D AcademyとTARGETの2校を参考に算出しています。

 

参考にした学校

3D Academy:実践英語(ESL)コース/6人部屋

TARGET:TARGET5 PLAN/6人部屋

 

期間別の効果も気になる方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

»【渡航前の準備が重要!】フィリピン・セブ島留学の効果とは

 

フィリピン・セブ島留学1週間の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 4.9万円 5.6万円
現地払い費用 約1.7万円 約2.3万円
生活費 1万円 1万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 0円 0円
総額 約13.6万円 約14.9万円

 

1週間の留学費用は約14万円です。

海外保険はクレジットカード付帯を利用すると3カ月間は無料になります。

 

フィリピン・セブ島留学2週間の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 7.9万円 8.2万円
現地払い費用 約1.8万円 約2.4万円
生活費 2万円 2万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 0円 0円
総額 約17.7万円 約18.6万円

 

2週間の留学費用は約18万円です。

生活費は1週間1万円で見積もりをしていますが、現地での過ごし方によって差が出てきます。
1週間に1万円あれば、週末のアクティビティは楽しめるでしょう。

 

フィリピン・セブ島留学3週間の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 10.5万円 10.1万円
現地払い費用 約2万円 約2.6万円
生活費 3万円 3万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 0円 0円
総額 約21.5万円 約21.7万円

 

3週間の留学費用は約21.5万円です。

現地払い費用は学校によって含まれるものが異なります。
共益費などは、電気の使用量で変動する学校もあるので、事前に詳細を確認しましょう。

 

フィリピン・セブ島留学4週間(1カ月)の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 12.9万円 12.1万円
現地払い費用 約2.1万円 約2.7万円
生活費 4万円 4万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 0円 0円
総額 約25万円 約24.8万円

 

4週間(1カ月)の留学費用は約25万円です。

 

1カ月のセブ島留学の効果について、気になる方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

»【フィリピン・セブ島】1ヶ月の短期留学のメリットは?【効果・総費用】

 

フィリピン・セブ島留学8週間(2カ月)の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 23.8万円 24.3万円
現地払い費用 約4.1万円 約4.8万円
生活費 8万円 8万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 0円 0円
総額 約41.9万円 約43.1万円

 

8週間(2カ月)の留学費用は約42.5万円です。

 

フィリピン・セブ島留学12週間(3カ月)の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 35.2万円 36.4万円
現地払い費用 約5万円 約6.5万円
生活費 12万円 12万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 0円 0円
総額 約58.2万円 約60.9万円

 

12週間(3カ月)の留学費用は約60万円です。

 

3カ月のセブ島留学の効果について、気になる方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

»【3ヶ月のフィリピン・セブ島留学】メリット・デメリット・総費用のまとめ

 

フィリピン・セブ島留学16週間(4カ月)の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 46.1万円 48.6万円
現地払い費用 約6.3万円 約7.2万円
生活費 16万円 16万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 約4万円 約4万円
総額 約78.4万円 約81.8万円

 

16週間(4カ月)の留学費用は約80万円です。

3カ月以上の場合の海外保険は、保険会社での契約になります。
プランによって料金が異なるので、何社か見積もりを出してもらうのがおすすめです。

 

フィリピン・セブ島留学20週間(5カ月)の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 約56.5万円 60.7万円
現地払い費用 約7.5万円 約7.8万円
生活費 20万円 20万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 約5万円 約5万円
総額 約95万円 約99.5万円

 

20週間(5カ月)の留学費用は約97万円です。

 

フィリピン・セブ島留学24週間(半年)の費用

学校 3D Academy TARGET
学費 68.4万円 72.9万円
現地払い費用 約8.7万円 約9.1万円
生活費 24万円 24万円
航空券 約6万円 約6万円
海外保険 約6万円 約6万円
総額 約113.1万円 約118万円

 

24週間(半年)の留学費用は約116万円です。

 

6カ月のセブ島留学の効果について、気になる方はこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

»セブ島留学半年(6ヶ月)の効果・英語はペラペラ?【僕のテスト結果を月別公開】

 

フィリピン・セブ島留学にかかる費用とは

続いてフィリピン・セブ島留学の費用の内訳です。
留学費用は主に以下の5つに分かれています。

  1. 学費
  2. 現地払い費用
  3. 生活費
  4. 航空券
  5. 海外保険

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

フィリピン・セブ島留学にかかる費用①:学費

留学のメインの費用となるのが学費です。

フィリピン・セブ島留学の学費は、欧米諸国の学費とは少し異なります。

 

フィリピン・セブ島留学
  • 授業料
  • 宿泊費
  • 食費(学校による)

<以下追加費用>

  • 入学金

 

欧米諸国の留学
  • 授業料

<以下追加費用>

  • 入学金
  • 滞在先手配料
  • 教材費

 

欧米諸国は純粋に授業料のみで、加えてホームステイ時は追加費用として滞在先手配料がかかります。

一方でフィリピン・セブ島留学では宿泊費と食費が学費に含まれています。

 

フィリピン・セブ島留学にかかる費用②:現地払い費用

現地で支払が必要になる費用は語学学校や留学期間によって異なり、主に以下の費用がかかります。

 

SSP(特別就学許可証)の申請費用

合法的に就学するために必要な許可証

 

観光ビザの延長費用

滞在が30日までの場合は、観光ビザが不要なので無料

 

ACR-I Card(外国人登録証)の申請費用

対象は3カ月以上滞在の全ての外国人

 

滞在先の光熱費

相場は1週間500ペソ(約1,000円)

 

教材費

相場は500~1,500ペソ(約1,000~3,200円)
※留学期間や英語のレベルによる

 

滞在先(学生寮)の保証金

学校によって異なる
※破損等が無ければ、基本は退寮時に全額返金

 

学生証の発行料

学校によって異なる

 

現地払い費用は語学学校の公式サイトに記載されています。

学費を払い終わり安心してしまい、現地払い費用は見落としてしまう方も多いです
申込時にしっかりと確認しましょう!

支払い時期は、現地に到着し、学校初日の学校がほとんどです。

 

フィリピン・セブ島留学にかかる費用③:生活費

食費と滞在費は既に学費で支払い済みなので、住むところと食べ物で心配する必要はありません。

セブ島留学中にかかる生活費は、基本的に外出時のみとなり、週末のアクティビティや、外食に行く場合に必要になります。

フィリピン人の平均月収は約3万円と言われているので、物価なども考えると、多く見積もっても1週間に1万円もあれば問題ありません。

 

フィリピン・セブ島留学にかかる費用④:航空券

セブ島への航空券は往復で平均6万円程です。

注意が必要なのは、必ず往復の航空券を購入すること。

日本出国時(チェックイン時)に帰りの航空券、もしくは第3国(フィリピンを出国する)に抜ける航空券がないと、出国ができません。

帰国時期が未定の場合であっても、必ず帰りの航空券は必要なので、その場合は「捨てチケット」を準備しておきましょう。

 

捨てチケットとは

帰国時期が未定の場合であっても、帰国時期が分かるようにダミーとして復路の航空券もしくは第3国に抜ける安い航空券を購入しておく航空券のこと

 

フィリピン・セブ島留学にかかる費用⑤:海外保険

海外保険は必ず加入していきましょう。

加入しないと渡航できない訳ではありませんが、万が一現地で事件に巻き込まれたり、病気になってしまった場合、母国である日本に比べて、多額の費用が必要になります。

加入方法はクレジットカード付帯の保険、保険会社の海外保険に加入の2つの方法があります。

 

クレジットカードの付帯保険
  • 保険の対象期間が3カ月まで
  • 保険料は無料
  • 補償内容や緊急時の対応方法はカード会社によって異なる

 

保険会社の海外保険
  • 1週間の短期から1年以上の長期まで対応
  • 留学期間によって保険料は異なる
  • クレジットカード付帯より保証が手厚い

それぞれ特徴が異なるので、あなたの留学スタイルや予算に合った保険を選びましょう。

 

フィリピン・セブ島留学の費用を抑えるポイント

留学費用が格安とはいえ、できればコストを抑えて留学したですよね。

そこで費用をコストを抑えることのできる費用をご紹介します。

セブ島留学を検討されている方は参考にしてみてくださいね。

 

航空券

航空券は購入時期によって、金額に差が出てきます。

  • 同じ便であっても、早い時期に購入することで、費用が抑えられる
  • 航空会社のセールの時に購入すると半額まで金額が下がることがある
  • 繁忙期に比べ、閑散期の航空券は安い

渡航時期や購入時期をずらすだけで費用は抑えられます

 

海外保険
  • 3カ月まではクレジットカード付帯の保険を利用
  • 保険会社は補償内容を必要最低限にする

3カ月まではクレジットカード付帯を利用できます。
3カ月以上の場合は、保険会社の保険加入でも補償内容を最低限にすると費用は抑えられます。

 

注意事項

保険会社の契約は渡航日からが補償期間になるので、3カ月以上の長期の場合は、始めの3カ月をクレジットカード、残りの期間を保険会社で加入することは基本的にできません。

 

学生寮の部屋

学生寮は1人部屋から6人部屋まである学校が多いです。

プライベートな時間が欲しい方は、1人部屋がおすすめですが、ルームメイトがいても気にならない方は、複数人部屋にしてコストを抑えることもできます。

 

コース内容

コース内容によって料金にも差が出てきます。

  • レッスンのコマ数
  • マンツーマンレッスンの割合
  • コースの種類(日常英会話・試験対策・ビジネス英語など)

 

レッスンの数を決めかねている方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

»フィリピン・セブ島留学はマンツーマンレッスンの取り方で決まる!

 

生活費

一番個人差が生じるのが、生活費です。

留学に来ているにも関わらず、しっかりと学習せずに外出ばかりしてお金をたくさん使ってしまう方も少なくありません。

フィリピンの物価は日本に比べて安いので、財布のひもも緩みがちですが、あくまでも留学に来ているということを忘れずに生活しましょう。

平日は学習して、週末は息抜きにアクティビティに参加したり、マッサージに行ったりする程度であれば、1週間で1万円もあれば十分な額です。

お金の使い過ぎには注意しましょう!

 

まとめ:フィリピン・セブ島留学の相場の費用を把握しよう

格安で留学できるのがフィリピン・セブ島留学の魅力でもあります。

費用の相場を把握していれば、あなたの留学したい期間の必要な予算を見積もり、前もって準備することができるでしょう。

とりあえず留学費用を貯めるのではなく、事前に費用を把握して効率よく準備をしていくことでスムーズに留学ができますよ。

最適な留学先を決めるにあたり疑問や不安なことがあれば、いつでもCEBRIDGEまでお問い合わせください!

経験豊富なカウンセラーがあなたにあった学校を提案させていただきます。

 

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:もりなつ

2カ国のワーホリ後、日本での留学カウンセラーを経て、フィリピンへ現地就職。 現在は留学・旅行メインのライターとして活動してます。 これから留学・ワーホリに行かれる人の役に立つ情報を発信中!

あなたにオススメの記事