4ヶ月のフィリピン留学で得られる効果は?見込めるレベルや留学費用も合わせて解説

4ヶ月のフィリピン留学を検討している方は「どのくらいの効果がある?」「留学費用はいくら?」などの疑問があるのではないでしょうか。

この記事では、4ヶ月のフィリピン留学で得られる効果や費用について解説していきます。これからフィリピン留学を検討している方は、参考にしてみてください。

目次

4ヶ月のフィリピン留学はある程度円滑に英会話ができるレベル

4ヶ月間のフィリピン留学では、英語力に自信がない人でも、ある程度円滑に英会話ができるレベルになります。

一般的に、円滑に英会話をするためには、3ヶ月ほどの留学期間が必要とされています。そのため、4ヶ月留学すれば、日常の英会話に自信を持てるレベルになれるでしょう。

また、現地での生活にも十分慣れており、英語学習に集中できる状況のはずです。英語力を伸ばしたい場合は、4ヶ月ほどの留学をおすすめします。

4ヶ月のフィリピン留学で得られる効果

4ヶ月のフィリピン留学で得られる効果を、もう少し具体的に見ていきましょう。

1. リスニング力

4ヶ月間のフィリピン留学では、留学生同士や講師との日常英会話を難なく聞けるレベルのリスニング力が身につきます。

日常英会話をこなすには、相手が発した言葉を聞いて意味を理解し、返答する能力が必要です。そのためには、日頃から英語に慣れ親しみ、リスニング力を養いましょう。

ただし、ネイティブの英語となると、まだまだ聞き取れ無いことが多いです。

2. スピーキング力

英会話には、リスニング力だけでなく、スピーキング力も必要です。4ヶ月のフィリピン留学では、語学学校の講師やクラスメイトだけでなく、現地の人々とかかわる機会もあります。そのため、さまざまなシーンにおける英会話にも慣れているはずです。

ホテルのチェックイン、空港での手続き、買い物する際のコミュニケーションは問題なくこなせます。

また、少し崩した言い回しなども身についているので、英語でのジョークも少しずつ飛ばせるようになっているでしょう。

3. リーディング力

4ヶ月のフィリピン留学では、簡単な小説を読めるレベルのリーディング力が身につきます。

ネイティブ小学生向けの本であれば、70%以上は理解できるようになるでしょう。

しかし、まだ英字新聞を読むのは難しいでしょう。中でも政治経済関連の記事は、多くの語彙力やリーディング力が求められます。

4. ライティング力

英語のライティング力は、単語のスペルを正確に覚えることや、文章の理解を高めることに役立ちます。意識しないと身につかないスキルなので、日記や作文を書くことに意識して取り組めば、一定の文章を作成できるようになるでしょう。

就活にも役立つスキルなので、4ヶ月間の留学でマスターしておきたいものです。

4ヶ月のフィリピン留学にかかる費用

4ヶ月のフィリピン留学にかかる費用の合計は、約168万円です。以下、項目別に費用の相場を紹介していきます。

1. 授業料

フィリピンの語学学校の費用は、授業の形式やコース、立地などによって異なります。平均すると、1ヶ月あたり30万円が相場です。そのため、4ヶ月の留学となると、約120万円ほどの費用がかかります。

フィリピンの語学学校には寮と食事が付いていることが多いです。滞在費と食費が含まれていることを考えると、他の国の留学費用と比べても安いと言えます。

2. 宿泊費・食費

宿泊費は、語学学校が用意した寮を利用するのが一般的です。その場合は授業料に含まれており、宿泊費は追加でかかりません。ただし、一人部屋やサービスが充実した部屋を選ぶと、その分費用は高くなるでしょう。

また、食事も付いていることが多く、外食をしない限り追加でかかることはありません。もし一般的な飲食店で外食する場合は、1食あたり700円ほどかかるでしょう。

3. 航空券、海外保険代

フィリピンは人気の観光地であり、観光シーズンになると航空券代が高額になります。もし、オフシーズンの留学であれば、安くて往復3万円ほどで購入できます。相場では、往復で7万円ほどかかるでしょう。

海外保険料は、安いネット保険で7万円程度となります。

4. 現地支払い費用

現地支払い費用としては、滞在ビザ費用が約3万円ほどかかります。
また、外国人登録証明書に約1万円、就学許可証に約2万円、水道光熱費、デポジットなどを含めると合計で約16万円ほど必要になります。

5. 娯楽費

娯楽費は現地での過ごし方によって異なりますが、1ヶ月あたり4万円ほど用意しておくと安心です。例えば、マリンアクティビティをする場合、1回あたりの費用は約1万円です。

そのため、4ヶ月のフィリピン留学の場合は、約16万円ほど娯楽費を用意しておきましょう。

期間別のフィリピン留学にかかる費用

日常英会話をこなせるレベルの英語力を身につけることが目的であれば、4ヶ月間ほど留学をするのがおすすめです。しかし、それ以外の期間で留学を検討している方もいるでしょう。

そこで、以下の期間別でフィリピン留学にかかる費用を紹介していきます。

1. 1ヶ月

1ヶ月間のフィリピン留学では、少なくとも40万円ほどの費用が必要です。過ごし方によっては、さらに高額になる場合もあります。

1ヶ月以内のフィリピン留学であればビザが不要なので、その分の費用が浮きます。しかし、語学学校の長期割引制度が適用されず、授業料は割高になる可能性があるでしょう。

2. 6ヶ月(半年間)

6ヶ月間のフィリピン留学では、合計で240万円前後はかかります。1ヶ月あたりに換算すると約20万円なので、1ヶ月だけ留学に行くよりも割安です。

大きな理由としては、長期割引制度を適用される場合があるからです。この点を踏まえて、留学期間を検討してみるのも良いでしょう。

3. 12ヶ月(1年間)

12ヶ月間のフィリピン留学では、約470万円の費用がかかります。ただし、留学プランによって大きく変動するので、注意が必要です。

もし費用を浮かせるのであれば、留学をしながら仕事をするのもおすすめです。

まとめ

この記事では、4ヶ月のフィリピン留学で得られる効果や費用を解説してました。

4ヶ月のフィリピン留学では、日常英会話をこなせるレベルの英語力が身につきます。また、留学費用の相場は約90万です。

留学資金を用意した上で、フィリピン留学を充実したものにしてくださいね。

気になること、ありませんでしたか?

気になること
ありませんでしたか?

記事を読んでいて、分からない点や、気になるところなどあれば、CEBRIDGE公式LINEから 気軽に質問ができます。その他、「学校診断」「無料カウンセリング」「割引特典」などお得な情報が満載です。気軽に登録してみてください。

この記事を書いた人

1992年大阪生まれ。24歳でセブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、語学学校職員と海外での就労経験を3年積む。
帰国後、2018年に株式会社CEBRIDGEを設立。フィリピン留学エージェント「セブリッジ」の運営者。
累計3,000名以上のフィリピン留学相談実績。観光省共催で留学フェア実施。

目次
閉じる