留学で英会話力は身につくのか?【おすすめの留学国】

現在、英語学習をしていて、

「本当に留学で英会話力は身につくの?」

「単語単語でしか話せない」

「もっと流暢に英語が話せるようになりたい」

と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

日本で勉強していても、いざ外国人と話す際、なかなか英語が出てこないことは良くあります。

英語学習者であれば誰もが通る道ですね。

そんな時に候補として上がってくるのが、「留学」ですよね。

 

その留学をすれば、英会話力は本当に上がるのか?

 

実際に、フィリピン留学計6ヶ月、オーストラリアでのワーホリ7ヶ月の経験がある私自身の体験談を元に、

留学で英会話力を上げる方法をお伝えいたします。

 

この記事でわかる事
  • 英会話力の身に付け方
  • 留学中にやるべき事
  • 英語力0からの留学でどのくらい英語力が身に付いたか

まず、英会話力はどのようにして身に付ける?

留学を検討されている方の約80%以上の方が、

スピーキング力を伸ばしたいという理由で、留学を検討しています。

特に日本人はこの英会話力については、苦手意識を持っている方が多いように思います。

 

今回は、英会話力に必要な要素を大きく3つに分けて、解説していきます。

 

 

まずは沢山話しまくる!

留学前でも留学中でもできる事ですが、まずは圧倒的に会話量を増やす事が何よりも大切な事です。

「間違いが怖くてなかなか話せない」

という気持ちもわかりますが、まずは失敗に慣れることから始めましょう。

この殻を破るだけで、大きな成長が見込めます。

会話量を増やせば増やすほど、発音や語彙力のUPも相乗効果として期待できます。

 

 

1. 日本語で一般常識・知識を学ぶ

意外と見落としがちで、英会話力を上げる際に大切なポイントがあります。

それは一般常識を知る事です。

そもそも日本語で受け答えができない事に対して、英語ので回答するなんてめっちゃ難しい事ですよね?

知識は多いに越したことはないので、まずはニュースを見つつ自分の意見をしっかり持ちましょう。

海外では、「あなたの意見が聞きたい」と言われることも多々あるので、自分なりの解釈で意見を言えるように、日本語でも大丈夫なので、練習しておきましょう。

 

 

2. ボキャブラリー

英語学習者にとって、単語問題は永遠の課題です。

こればかりは、一つでも多くの単語を覚える事が大事です。

覚えた単語→使える・聴ける単語に変化していくので、まずは地道なところではありますが、毎日単語を覚えましょう。

これは留学前〜留学中〜留学後もコツコツ続けていく事が大切です。

 

 

3. リスニング力を上げる

リスニング力とは、相手の言っている事を正確に聞く能力です。

ボキャブラリーを知っていればなんとか内容を聞き取れるようになりますが、英会話となると単語と単語を繋げて発音したり、代名詞や前置詞はほぼ聞こえないくらいに小さく発音したりします。

おすすめの英語学習方法としては、シャドーイングです。

シャドーイングができるようになれば、リスニング力は大幅に向上します。

 

 

おまけ:文法はあまり気にしすぎない

日本人に特に多い傾向が、「文法を気にしすぎて話せない。。」というパターンです。

確かに、他国の生徒と比べても日本人は読み書きに関しては一定英語レベルを持っている人が多いです。

しかし、完璧な文章を作ろうとするがあまり、スピーキングが臆になってしまいます。

特に英語初級者〜中級者に関しては、文法のことは忘れて間違いだらけの文でもいいので、話してみましょう。

意外と、相手には通じるものです。

 

 

さて、上記では英会話力を上げる方法についてお伝えしました。

ここからはそんなあなたにオススメの留学国をご紹介します。

 

 

英会話力UPにおすすめの留学国:フィリピン

英語レベルが初級者〜中級者であれば、フィリピン留学を強くおすすめします。

理由としては、大きく分けて4つ。

 

フィリピン留学の4つの特徴

①マンツーマン授業がメイン

フィリピン留学の大きな特徴とも言える、マンツーマン授業。

英会話力で大切なのは、ミスを恐れずに話すこと。

30人のグループ授業だと、自分から積極的に発言しないと英語を話す機会は少なくなってしまいます。

マンツーマン授業は、否が応でも英語を話す必要があります。

この会話量こそがスピーキング力を向上させるために必要な要素です。

 

②英語の学習時間が圧倒的に長い

ネイティブ圏の留学国は、1日のうちの授業時間が約5時間前後となります。

それに比べて、フィリピンでは平均8時間以上の授業が用意されています。

マンツーマン授業に加え、明らかに英語に触れる機会は多いです。

 

③費用がアメリカの約半額以下

費用の安さもフィリピン留学の大きな魅力の一つです。

参考として、留学費用の比較表を作りましたので、参考にしてみてください。

 

留学国 1ヶ月の総留学費用
フィリピン 約22~28万円
オーストラリア 約38~44万円
カナダ 約35~40万円
アメリカ 約40~49万円
イギリス 約45~55万円

 

④英語初級者に対して教え慣れている

フィリピン留学には、主に韓国人・日本人・台湾人が多く留学しています。

私自身も英語力0の状態で挑戦しましたが、留学自体が苦に感じることはほぼほぼなかったです。

特に、フィリピン人講師は優しく、会話を汲み取りながら授業を進めてくれます。

また彼らは元から英語が話せるわけではなく、英語を学んで話せるようになった人たちなので、学習者の気持ちになって接してくれます。

 

「フィリピン人の英語力はどうなの?」と疑問に感じた方は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

 

まとめ:留学で英会話力は身につくのか?

いかがでしたでしょうか?

英会話力を伸ばしたい人、留学を検討している人はこの記事で学んだことを実践してみてくださいね。

当然ながらブログを読んだだけでは、会話力は身につきません。

まとまった休みがあり、効率よく英会話力を身につけるのであれば、フィリピン留学手取り早い方法なので、ぜひ検討してみてください。

 

もし、フィリピン・セブ島留学に興味がある方、検討している方、何か不安なことや気になることがあれば、いつでもCEBRIDGEまでお問い合わせくださいね!

経験豊富なカウンセラーがしっかりあなたの留学をサポートします。

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:山岡 弘卓(Yamaoka Hirotaka)

株式会社CEBRIDGE代表取締役。 セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

あなたにオススメの記事