これは外せない!フィリピン料理おすすめ4選

こんにちは。

もう長く南国セブ島にいると、大体のフィリピン料理を食してきましたが、基本的には日本人に合う料理が多いかと思います。

そこで、今回はセブ留学、旅行中にぜひ食べていただきたいセブ島名物の料理について書きます。

まずは!一番人気の

レチョン(Lechon)

f:id:kaigairyugaku:20170516235419p:plain

レチョンとは、『丸焼き』という意味で、豚と鳥の2種類あります。

料理とゆうか、丸焼きです。。笑

チキンは一般的に北京ダックのような形で売っています。

一匹丸々で約4000ペソ(約9000円)〜で売られています。(要予約)

お値段もチキンは200ペソ(約500円)で売られています。

しかし、やはりオススメはこのインパクト大の豚レチョンです。

味は、塩味ベースで豚のお腹に、ネギや数種類のスパイスの香りがありとても美味です。

女子には嬉しい、コラーゲンたっぷりのスキンはパリパリした食感でおつまみ感覚で食べれます。

現地フィリピン人は、誕生日やクリスマスなどの特別なお祝いの際に食べるとても縁起のいい料理です。

セブ島にはレチョン料理専門店なども数多くありますので、セブに来た際は絶対に食べに行きましょう!

シシグ(Sisig)

f:id:kaigairyugaku:20170517000936p:plain

こちらの料理は、鉄板の上で豚またはチキンを細かく刻み、ニンニクや玉ねぎ、唐辛子などの具材をごちゃ混ぜにして食べる料理です。

味付けがかなり濃く、オイリーなので、カラマンシー(すだちみたいなもの)を絞って、お酒や白いご飯と一緒に食べると格別です。

各お店によって味付けは変わって来ますが、ベースは同じです。

また、通常タイプは結構辛いので、お好みに唐辛子の量を調整してもらいましょう!

個人的にフィリピン料理の中で一番好きな料理ですね。

カントン(Canton)

f:id:kaigairyugaku:20170517000950p:plain

こちらは焼きそばの麺を少し柔らかくした、現地ヌードル料理です。

味は焼きそば寄りのオイリーな味付けを加えたような日本人に馴染みのある味です。

野菜や海鮮が多く入っているものが多い気がします。

こちらも味が濃いめなので、関西人の必殺技『焼きそばオンザライス』が役に立つ馴染み深い料理です。

ちなみに大阪出身の僕が週2で食べている大好きな料理です。

チーズ乗せホタテ焼(Baked Scallops)

f:id:kaigairyugaku:20170517003919p:plain

もう名前からお分かりのように、マズイ訳がないこの料理。

「これフィリピン料理かな?」って一瞬迷いましたが、この絶品料理はどうしても外せない!

常に、サンミゲルビールと共にあったこのホタテ焼。

味は、ご想像していただいている通り、香ばしいチーズと磯のほのかな香りが残るホタテのコンビネーションです。

お酒を何倍も美味しく引き立ててくれるこの子は、毎回レストランで「とりあえずビールとホタテで!」がおきまりのルーティンとなっています。

おまけ バロット(Balut)

f:id:kaigairyugaku:20170517004846p:plain

孵化直前のアヒルの卵を茹でたものです。

屋台などで売られているバロットは産卵から16日から18日のものが多いですが、

グレードの高い20日たったものは、羽や胴体が形となっています。。

普通にグロいです。

でも以外においしいみたいです。

栄養もあるみたいです。

僕、未だに食べれません。

まとめ

基本的にフィリピン料理の味付けは醤油ベースの濃い、油っぽいものが多く、日本人好みのものも多いかなと思います。(個人的にはめっちゃ好きなので。。)

薄味好きの人は苦手かも。。。

ぜひセブ島に来た際は、フィリピンならでわの料理を食べましょう!

カテゴリ: 留学お役立ち情報

この記事を書いた人:山岡 弘卓(Yamaoka Hirotaka)

株式会社CEBRIDGE代表取締役。 セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

あなたにオススメの記事