フィリピンの治安は良い?悪い?犯罪例や注意すべき8つのポイントを紹介

世界的に見て、日本は大変治安が良い国として有名です。一方フィリピンはというと、比較的治安が良いとされているエリアでも、日本と同様の治安を求めることができないのが現状です。

つまり、ある程度の緊張感を持って旅行や留学をする必要があるということなのです。それでは、フィリピン治安や犯罪例、注意すべき8つのポイントについて紹介していきましょう。

目次

フィリピンの治安は良い?悪い?

フィリピンは治安が悪い、そんなイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

実は、フィリピンの治安は年々改善されつつあり、以前よりも治安が良い方向に向かっているといわれています。しかし、都市部のマニラや、人気の観光地として知られているセブ島でも、常に何らかの犯罪が起こっていると考えておく必要があるのです。

注意すべき危険エリアについては後ほど紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

フィリピンで注意したい犯罪・トラブル

フィリピンで頻発しているのは、以下で挙げる犯罪やトラブルです。

  • スリや置き引き
  • ぼったくり
  • 強姦

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

スリや置き引き

フィリピンで旅行者や留学生が巻き込まれやすいトラブルとして筆頭に挙げられるのが、スリや置き引きなどの窃盗犯罪です。

たとえば、飲食店にバッグを持参して食事をしていたところ、いつの間にかバッグが開けられていて財布とスマホがなくなっているなどがその典型例として挙げられます。また、バッグごとなくなっている犯罪も報告されていますので、フィリピンを訪れたのなら、手荷物は最低限に留め、自分の目が届く場所に置いておくことが大切です。

また日本では、トイレの際にスマホをテーブルに置いたままにしても盗まれることはほぼありませんが、フィリピンではそうはいきません。置きっぱなしのスマホなどは一瞬で盗まれる可能性がありますので、トイレの際にもスマホや手荷物は必ず持っていきましょう。

ぼったくり

ぼったくりもまた、旅行者や留学生が巻き込まれやすい犯罪です。

たとえば、タクシーに乗車したらメーターを回さず、本来であれば40ペソ程度ですむところを100ペソ要求されたなどがその一例です。また、タクシーでお釣りを返さないなどの例もあり、返すように要求したら、「渋滞に巻き込まれたから」「サービスで近道をしたから」など、意味のわからない言い訳をして、お釣りを返さないというパターンもあるといいます。

フィリピンでは「日本人はお金持ち」という認識が広がっていますので、タクシーに乗車する際にも十分に注意を払う必要があるでしょう。

強姦

女性の一人歩きで遭いやすいのは、強姦被害です。

たとえば、人通りが少ないエリアを歩いていたら、武器を突き付けられて強姦された、睡眠薬を飲まされて、気が付いたら見知らぬ部屋で強姦されていたなどがその例です。

フィリピン旅行・留学で注意すべきこと8つ

フィリピン旅行・留学の際には、以下の8つの点に注意を払ってください。

1. 高価なアクセサリーやバッグを持ち歩かない

フィリピン国民は日本人ほど裕福ではなく、貧困層が多いことで知られています。高価なアクセサリーを身につけていたり、高価なブランドバッグを持ち歩いていたりしたら、犯罪者または犯罪者集団に目をつけられて、犯罪に巻き込まれやすくなります。

過去には、高価なイヤリングを奪われた際に耳に大けがを負った例もありますので、高価なものは極力身につけない、持ち歩かないことが大切です。

2. ジプニーには極力乗らない

ジプニーとは乗り合いバスを意味し、車内は犯罪の温床になっています。中でも多いのが、スマホや財布、旅券などのスリ被害です。

不安な場合は、ジプニーには極力乗らないことがポイントです。

3. ストリートチルドレンに気を付ける

普通に歩行していたら、突然大勢のストリートチルドレンたちに囲まれて、金品をせがまれるというケースも頻発しています。

ここで、「かわいそうだから」という思いから1ペソでも渡してしまうと、ストリートチルドレンがどんどん寄ってきて、バッグやウエストポーチなどを奪われるといった犯罪に巻き込まれるリスクが高まります。

また、浮浪者のようなみすぼらしい身なりの人物に金品をせがまれるパターンもあります。いずれにしても、犯罪にまきこまれそうだと感じたら、直ちにその場から逃げ出して難を逃れましょう。

4. 持ち歩く現金は必要最低限にする

フィリピン人の多くは、「日本人旅行者や留学生は常に大金を持ち歩いている」というイメージを持っています。

つまり、窃盗事件に巻き込まれるリスクが高いということですので、外出する際に持ち歩く現金は、必要最低限に留め、余分な現金は持ち歩かないよう注意しましょう。

5. 夜間に1人で出歩かない(特に女性)

特に女性は、夜間に1人で出かけないよう注意してください。それは、強姦被害や窃盗被害に遭う確率が高くなるからです。

どうしても夜間に外出しなければならないのなら、1人ではなく集団で出かけるよう注意しましょう。

6. 危険なエリアには近づかない

人通りが少ない通りや街灯が少ないエリアでは、犯罪が起こりやすいと考えておきましょう。

特に貧困層が暮らすエリアでは、日本人をターゲットとした犯罪が多発していますので、十分な注意が必要です。

7. 安全な地域のホテルに宿泊する

フィリピンを訪れる際には、安全な地域にあるホテルに宿泊しましょう。

たとえば、マニラやセブには、日本人が多く宿泊するホテルがありますので、極力そのようなホテルを利用するようにしましょう。

8. レストランなどで離席する際、スマホを置いていかない

レストランは安全そうに思えますが、実は犯罪多発ゾーンです。そのため、レストランで離籍をする際には、スマホや貴重品を席に置きっぱなしにせず、トイレにまで持っていくなどの対策をする必要があります。

フィリピンで紛失したスマホなどの貴重品は、なかなか手元に戻ってくることはありません。

フィリピンで注意すべき場所

フィリピンでは、あらゆる場所で犯罪やトラブルが起こっていますが、これから紹介する3つの場所は特に注意が必要な場所です。

それでは、フィリピンで特に注意すべき場所を3箇所紹介していきます。

1. スラム街

マニラには「トンド」、セブ島には「パシル」というスラム街があります。

これらのスラム街は、フィリピン人の貧困層でも近寄らない危険地帯といわれていますので、絶対に近寄らないよう注意してください。

このようなスラム街では、窃盗被害だけでなく、生命を脅かす危険にさらされることもありますので、十分に注意しましょう。

2. 空港

フィリピンの空港では、置き引き被害が多発しています。特に「ニノイ・アキノ空港(通称:マニラ空港)とその周辺は犯罪の温床とされていますので、十分に警戒しなくてはなりません。

また、こちらの空港ではぼったくりタクシーも頻出しているので、あわせて注意してくださいね。

3. 公共交通機関

バスやジプニーなどは不特定多数のフィリピン人が利用する公共交通機関で、スリをはじめとする犯罪の温床になっています。

つまり、これらの公共交通機関は極力利用しないように注意する必要があるということです。ホテルから遠方に移動したい場合では、ホテルに依頼して安全性が高いタクシーを呼んでもらうなどで対策をすると良いでしょう。

まとめ

今回は、フィリピンの治安と犯罪例、注意すべき8つのポイントを紹介してきました。フィリピンと日本では治安状況が異なり、日本の治安を基準にしてフィリピンを訪れると、思いもよらない犯罪やトラブルに見舞われるリスクが高まります。

たとえば、スリや置き引きの多発など、日本では滅多に遭わない犯罪に巻き込まれるリスクがあります。そして犯罪に巻き込まれないためには、フィリピンの治安状況をよく理解した上で訪れる必要があります。

こちらの記事では、フィリピンで犯罪に巻き込まれないための対策についても紹介しましたので、ぜひ参考にしていただき、安全な旅行や留学を目指してくださいね。

気になること、ありませんでしたか?

気になること
ありませんでしたか?

記事を読んでいて、分からない点や、気になるところなどあれば、CEBRIDGE公式LINEから 気軽に質問ができます。その他、「学校診断」「無料カウンセリング」「割引特典」などお得な情報が満載です。気軽に登録してみてください。

この記事を書いた人

株式会社CEBRIDGE代表取締役。
セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。
豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。
今までにフィリピン留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。
実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

目次
閉じる