【徹底比較】VERSANTとTOEICのスコア目安を解説

「VERSANTのスコアアップをしたい

「TOEICの点数とVERSANTのスコアを比較したい」

「VERSANTの目安、日本人平均を知りたい」

VERSANTに関するこんなお悩みありませんか?

VERSANTとTOEICのテスト内容は全く異なる為、TOEICで高得点を持っていてもVERSANTで高得点を取れるとは限りません。

今回の記事ではVERSANTとTOEICのスコア比較、日本人の平均スコア、VERSANTで目標のスコアを狙うための勉強方法を詳しく解説していきます。

この記事を読むと、VERSANTのスコア目安について知識が深まり、どうしたらVERSANTのスコアアップできるのか?を分かるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事ではこれらを詳しく解説しています。
  • VERSANTのメリット
  • VERSANTの日本人平均スコア
  • VERSANTとTOEICのスコア比較
  • 目標点数を狙う勉強法

バーサントとは

VERSANTとは本当に話せる英語力の証明として、コミュニケーション能力を図る事ができるオンラインテストです。

VERSANTは日本の大手企業(JT,三井住友銀行)や世界中の政府機関でも採用されている信憑性の高いスピーキングテストとして注目度が上がっています。

日本でよく受けられているTOEIC Listening & Readingテストではスピーキング能力を図ることはできませんよね?

VERSANTは実際に日常で使える英語力があるのか?を正確に判断してくれます。

VERSANTに関する詳細の記事は下のリンクから確認できます。

本当に話せる英語力の証明VERSANTとは?TOEICとの違いも解説!

受講費用

 English Speaking Test 5.5千円〜
English Speaking & Writing Test(セット価格) 8.8千円〜
English Writing Test 4.4千円〜
English Placement Test 7.7千円〜

バーサントのメリット

いつでもテストを受ける事ができる

VERSANTのテストはオンラインでAIが判定してくれるので365日24時間いつでも受ける事ができます。

TOEICのように日時を指名されないので、忙しい社会人でも気軽に受講する事ができるのが嬉しいポイント!

スマフォやPCがあればテストを受けられる

VERSANTはPCがなくてもスマートフォンがあれば受ける事ができるので誰でも受ける事ができると言っても過言ではないでしょう。

PCを持ってないという人は多いと思いますが、スマートフォンなら誰でも持っていますよね?

手軽に受ける事ができるのも魅力の一つです。

短時間で受ける事ができるので時間がなくても大丈夫

長時間テストを受けるのってしんどいですよね?

VERSANTはその心配がありません。

スピーキングテストは25分、ライティングテストは35分で受ける事ができるので、隙間時間でも問題無しです。

就職で有利になる

先程も少し紹介しましたが日本では大手企業のJTや三井住友銀行を含め、200社以上がVERSANTを採用しています。

VERSANTで高得点を取ることで就職が有利になることは間違いないでしょう。

VERSANTのテスト内容(ライティングテスト含む)の記事の詳細は下記のURLから確認できます。

【最新版】VERSANTのテスト内容を徹底解説!

 

バーサントのスコア平均

VERSANTのスコアは20~80点まであり、日本人の平均スコアはどうなのか?日常英会話するには何点が必要なのか?解説していきます。

日本人平均

日本人の平均スコアは38点と言われています。

38点は一体どのレベル?と言うと

基本的な情報(仕事や家族、趣味等)を発音や文法の間違いがありながらも、短い文章でなんとか話す事ができるレベルです。

日常英会話をするために必要なスコア

43点から45点のスコアがあれば簡単な日常英会話はできます。

会話途中に間ができたり、簡単な文法と発音ミスはありますが、おおむね相手に言いたいことが伝えるようになります。

日常英会話をできるようになりたい人は43点以上を目指すといいでしょう。

海外赴任するために必要なスコア

47点以上が海外赴任するために最低限のスコアとされています。

47点以上のスコアがあれば、使い慣れている語彙や主要な表現は間違いなく使えるレベルです。

文法を理解しているのでリスニング中にわからないことがあっても話の流れから理解することができます。

 

バーサントとトーイックのスコア比較

スコア比較

 VERSANT TOEIC 英語力
30 450 簡単なテーマなら話せるレベル
38 550 簡単な日常会話レベル
43 710 伝えたい要点をしっかり伝えれるレベル
47 770 海外赴任レベル
50 800 話の細部まで話せるレベル
55~ 850 発音やイントネーションが問題ないレベル

VERSANTとTOEICのテスト内容は違うので、目安として参考までにお願いします。

VERSANTとTOEICのテストの違い

VERSANTはリスニングとスピーキングを測るテストですが、TOEICはリスニングとライティングを測るテストです。

測るものが違うのでTOEICの点数が取れたからVERSANTでも高得点が取れると言うものではありません。

TOEICで770点の人がVERSANTを受けて40点だった人も実際にいます。

VERSANTで高得点を狙うためにはTOEICとは違う対策が必要です。

 

バーサントで目標のスコアを取るために必要な事

目標38点

日本人平均レベルを狙いたいと言う人は、まだ英語に慣れていないと思いますので、まずはリスニングをあげることをオススメします。

相手の言っている事が理解できないと会話が成り立つ事はないのでとにかくリスニングを強化するといいでしょう。

中学英文法を完璧にしておくのも必須です。

目標43点

リスニングを伸ばすという点は引き続き必要ですが、質問をされた時にすぐに返事ができるように文法パターンを覚えるといいでしょう。

パターンを覚えることで相手の質問に対し、的確な返事を考えずにできるようになり会話がスムーズになります。

目標47点

47点は海外赴任レベルのなので、日常的な会話だけでなくビジネス用語も覚える事が必要になってきます。

ニュースやyoutubeの講演などを見て語彙力を増やしていくのがオススメです。

目標55点〜

55点以上を目指している人は、ネイティブの英語力に近づける必要があります。

シチュエーションによって同じ意味でも使う言葉が変わるのでアメリカのドラマや映画をみて言葉の選び方や使い方を覚えていきましょう。

 

オススメのオンライン留学校

VERSANTで目標点を取るために必要な事を紹介しましたが、一番の対策方法は英語圏の人間と直接話す事です。

今回はVERSANTで高得点を狙うために講師の質が良く日本人が苦手とするスピーキングの授業にも力を入れている学校を2つ紹介します。

Curious World

オススメポイント


厳しい審査を通り抜けた講師のみを採用

マンツーマンレッスンを提供

資格取得のためのコースが豊富

オーダーメイド式カリキュラムの提供

 

提供しているコース一覧

・一般英語コース

・試験対策(IELTS,TOEIC,TOEFL)コース

・親子留学コース

・ビジネス英語コース

Curious World Academyに関する詳しい記事は下のリンクからご覧になれます。

Curious World校の詳細を見る >

 

11talk

オススメポイント


フィリピン留学老舗校が提供するオンライン留学

ネット環境があればどこでも授業を受ける事ができる

厳しい審査を通り抜けた講師のみを採用

通常のフィリピン留学費用の1/3以下で受講可能

受講者数2万人越えの豊富な実績

 

提供しているコース一覧

・スピーキング&ディスカッションコース

・IELTSコース

・キッズコース

・ビジネス英語コース

11talk Onlineに関する詳しい記事は下のリンクからご覧になれます。

11talk校の詳細を見る >

まとめ

いかがでしたでしょうか?

VERSANTを取得することで自分の英語力の証明、就活に役立つ事ができます。

この記事を参考にして、自分のレベルは今どこにあるのかを把握し自分にあった勉強方法をぜひ考えてみてください。

オンライン留学に興味がある方、不安や気になることがあれば、CEBRIDGEにお問い合わせください!

また、コロナ後のフィリピン・セブ留学に関してのお問い合わせも受け付けています。

もちろんエージェント利用に関する費用は無料なのでご気軽にご相談ください

留学経験豊富でワーホリ経験もあるカウンセラーがしっかりあなたの留学をサポートします。

 

サクッと留学相談したい人はコチラ! LINEで相談する(先着特典あり)

カテゴリ: 留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:セブリッジ編集部

CEBRIDGEの編集部チームでは、実際の経験をもとに留学に関する事から現地の美味しいレストラン情報まで幅広く発信しています。 「フィリピン留学を思っと多くの方へ」をモットーに情報発信を行っています。 「フィリピン留学」「セブ島生活」「英語学習」を通じて、新しい楽しみをご提案します。

あなたにオススメの記事