【SMEAGキャピタル】O・Yさんのフィリピン・セブ留学体験談

留学者の情報

性別:女性

年齢:25歳

学校名:SMEAGキャピタル

コース名:TOEICコース

部屋タイプ:3人部屋

留学時期:2019年10月

留学期間:4週間

 

 

留学前の英語レベルは?

最初の入学テストでは、Intermediateとupperの間でした。

中級レベルですね。

 

 

フィリピン・セブ島留学に行こうと思った理由は?

日本で就職するためにTOEICが必要だったからです。

 

フィリピン・セブ島留学はぶっちゃけ100点中何点?

70点!

 

 

講師の英語レベルやカリキュラムはどうでしたか?

自分の先生はかなりよく、わからないところはすぐ解決できた。

また先生同士が仲良く、楽しく授業ができた。

 

寮生活(食事、掃除など)はどうでしたか?

ご飯は韓国資本なので一応韓国料理だが、味はかなり微妙でした。。
寮のクリーニングには満足できたが、学校自体が古いので綺麗さはそこまででした。

英語のスキル向上しましたか?

1か月でTOEIC185点上がりました。

授業後や土日の予習、復習が大切だと思います。

 

 

フィリピン・セブ留学の良かった点

英語学習だけにフォーカスできる環境があるところですね。

掃除、洗濯、食事等の家事等は全てやってくれるので、本当に助かりました。

 

 

セブ留学の残念だった点

同じ国同士で固まっていることですかね。

他国の生徒とも友達になれるが、皆んな英語が話せないのでどうしても同じ国同士でいてアウェー感を感じることもしばしばありました。

 

弊社CEBRIDGEの対応はいかがでしたか?

御社の前に申し込みをした会社がありましたが、そこに比べてかなりスムーズな対応でした!

 

 

これからセブ留学を検討している方へ一言

正直セブ留学でペラペラになれるのはありえないが、英語を話す抵抗はなくなると思います。

あと試験対策には完璧な環境です。

フィリピンは発展途上なので、考えることはたくさんありました。

 

 

【SMEAGキャピタル校の詳細はこちら】

カテゴリ: Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:山岡 弘卓(Yamaoka Hirotaka)

株式会社CEBRIDGE代表取締役。 セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

あなたにオススメの記事