【Kredo Kids】K・Yさんのフィリピン・セブ留学体験談

留学者の情報

性別:女性

年齢:o歳、3歳、お母様

学校名:Kredo Kids

コース名:スタンダードコース

部屋タイプ:ソリニア1R

留学時期:2019年10月

留学期間:3週間

 

治安&衛生面

私にとっては問題ありませんでした。

衛生面・治安面共にKredoが提供しているエリアがかなりの都心でコンドミニアムの設備も不自由ない物だったので、多少の不便はあっても表立つほどの不満にはなりませんでした。

同時期に滞在している人にも話を聞いていましたが、皆さん口を揃えて気軽に水を口に含められない(子供も気をつけなければならない)事がストレスだと言っている人が多かったように思えます。

 

 

子供の授業時間の妥当性

私の子供(3歳)は午前授業に設定していましたが、正解でした。

子供は基本的にグループレッスンですが、3歳以下のクラスはほとんどの子がら午前で終了していた為、午後はガラガラでした。

午後までレッスンのある子供はお昼時間に自分だけ残留の為グズってしまうケースもよく見られました。

子供の場合は登校する事自体に対して周りとの関わりでモチベーションを保っているので、周りの子供がいないという事が大きなストレスや不安になるように感じました。

そもそもの体力や集中力についても、午前中で十分だったように思います。

 

家政婦さんの対応

期待を超えて大満足でした。

渡航前は国籍が違うのである程度細かく指示を出さなければ相違が出るイメージを持っていましが、そう言った事が一つも起きませんでした。

むしろこちらのして欲しいことを先回りして声かけしてもらえ、“言わずもがな”な配慮があり驚きました。

料理もすごく上手で、子供たちも普段以上に食べていました。

また子供との関わりも心優しく、私の子供は0歳3歳どちらも大変懐いていました。

普段日本で自分が構いきれていない部分があるので、常に相手をして貰えることで子供が満たされているような様子が伺えました。(これは他の人も同じような事を言っていました。)

また学校側からも事前にかなり入念に様々な注意事項(水、虫、乗り物、シッターさん等)を言い渡されていたのでハードルが下がっていたことも起因しています。

 

 

改善して欲しいポイントは?

一点気になった事としては、大人の授業カリキュラムが物足りなかった点です。

今回私は日常会話は不自由無い程度の英語力で参加しました。目的としてはまだ自信のないリスニングや細かい文法のミスをブラッシュアップしたかったので、初回のレベルチェックの際にその旨を伝えておきました。

先生の対応は総じて良かったものの、5コマ中3コマは物足りなく感じてしまいました。

最終日には5コマ全員の先生から『今まで受け持った生徒の中で(ミスが少なく指摘する点が少なかったので)1番手強かった』と言われました。

けれども私自身が極端に堪能かと言えばそうでもないのが実際です。

周りを見ても初心者の方が多く、全体的なレベル設定が低めだったのかと思います。

授業の質を振り返ると、詳細な英語力の向上と言うよりもスピーキングがついていない人にとっての発言をする練習の場と言う印象が強かったです。

総体的な評価はいかがでしょうか?

Kredoが提供している環境は、恐らくセブ留学校の中でも整備されている環境だからこれだけ快適に過ごせたのだろうと考えています。

今回私は子供が0歳3歳の乳幼児なのでほぼ1択で学校を決めましたが、学校推薦時に大人の現時点でのレベルを確認して学校を選定する事はかなり大事だと感じました。

ただそれを差し引いても全体的に大きな不満や不自由も無く楽しめて過ごせたのは、学校側の密なサポートがあったからだと思っています。

初心者で子連れの方には自信を持ってお勧めできる学校でした!

 

【Kredo Kids校の詳細はこちら】

カテゴリ: フィリピン・セブ島留学の口コミ体験談 Kredo Kids

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:山岡 弘卓(Yamaoka Hirotaka)

株式会社CEBRIDGE代表取締役。 セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

あなたにオススメの記事