【渡航前の準備が重要!】フィリピン・セブ島留学の効果とは

ここ数年で注目度の上がっているフィリピン・セブ島留学ですが、

  • 実際に効果はあるのか
  • 誰でも英語力がつくのか
  • どのぐらい留学すれば効果が出るのか

などと疑問に思っている方は多いはず。

実は私もセブ島留学を経験するまでは「とりあえず行けば英語力はあがるでしょ」と思っていました。

しかし、セブ島留学はあなたに合った期間、そして効果を高めるために渡航前からやっておくべきことがありました。

経験したからこそわかるセブ島留学の効果をこの記事で紹介していきます。

そして、フィリピン・セブ島留学のエージェントであるCEBRIDGEはこれまで多くの留学生を輩出しているので、渡航前にどんなことを準備するべきかお伝えします。

この記事を読み、あなたのセブ島留学をより効果的なものにしましょう!

 

期間別で見るフィリピン・セブ島留学の効果

まずセブ島留学の気になる効果を期間別に見ていきましょう。

  • 1週間のセブ島留学
  • 1カ月のセブ島留学
  • 3カ月のセブ島留学
  • 6カ月(半年)のセブ島留学

 

フィリピン・セブ島留学の効果:1週間

残念ながらセブ島1週間の留学で英語力を伸ばすことはできません。

しかし、日本とは異なり英語の環境に身を置くことになるので、実際に英語を使う場面が多くなり、あなたの英語レベルの現状を把握することができるでしょう。

また、1週間セブ島で朝から夜までレッスンをするので、英語学習を身に付けることもできます。

英語学習が帰国後も習慣づけられ、継続して学習に取り込むことも可能です。

 

セブ島留学の1週間の効果は以下の通りです。

  • 自分の英語力を把握できる
  • 帰国後の英語学習を習慣づけられる

 

フィリピン・セブ島留学の効果:1カ月

1カ月のセブ島留学では、確実に効果が出たという人は少なく、全員が効果を実感できるとは限りません。

1カ月以上のセブ島留学では、これまで日本語のみだった環境と異なり、完全に英語環境とは限りませんが、英語を耳にする機会が多くなります。

特に初めての留学の人は、慣れない英語で始めは拒否反応が出てしまうこともあるでしょう。

しかし、1カ月もすると英語の環境に慣れてくるころです。
フィリピン人講師の英語なら大体聞き取ることができるようになってきますよ。

 

具体的には英語初心者の場合、簡単な日常会話の習得ができ、英語を使うことに慣れてくるころでしょう。

一方で日本で英語の基礎を学んできている英語中級者レベルの場合は、場面ごとに使うべき単語やフレーズが分かってきて、会話のテンポが速くなってくる方が多いです。

 

セブ島留学の1カ月の効果は以下の通りです。

  • 英語への拒否反応がなくなる
  • フィリピン人講師の英語はおおむね理解できる
  • 簡単な日常会話の習得(英語初心者)
  • 使うべき単語やフレーズがわかり、会話のテンポが速くなる(英語中級者)

 

1カ月のセブ島留学のメリットや費用について詳しく知りたい方は「【フィリピン・セブ島】1ヶ月の短期留学のメリットは?【効果・総費用】」もチェックしてみてくださいね。

 

フィリピン・セブ島留学の効果:3カ月

セブ島留学を3カ月した場合の効果は、人によって差がとてもあります。

その理由はのちほど解説しますね。

3カ月もセブ島留学をすれば、英語への躊躇はほぼなくなり簡単な日常会話などであれば、反射的に答えることができるようになるでしょう。

また英語で冗談を言えるようになるまで英語力を上げる人もいます。

留学中にTOEICの試験対策をしている場合は、スコア100~200点ほど上げることも可能です。

 

しかし3カ月以上のセブ島留学には注意点があります。

それは中だるみです。
3カ月のセブ島留学の場合、多くの人がモチベーションの減少による中だるみに陥ります。

留学中は、基本的に1日平均で6~8時間は英語の勉強をします。
私の周り(同期)は2カ月ほどで集中力が切れてしまい、予習や復習をせずに外に出歩きに行く人たちが多くいました。

そうならないためにも、こまめに休息や観光などでリフレッシュすることが大切です。

 

セブ島留学の3カ月の効果は以下の通りです。

  • 英語への躊躇はほぼなくなる
  • 簡単な日常会話は反射的に回答できる
  • 英語で冗談を言える
  • TOEICのスコアを100~200点ほど上げることができる

 

3カ月のセブ島留学の効果やメリット・デメリットを詳しく知りたい方は「【3ヶ月のフィリピン・セブ島留学】メリット・デメリット・総費用のまとめ」もチェックしてみてくださいね。

 

フィリピン・セブ島留学の効果:6カ月

6カ月間(半年間)セブ島に留学すると、そろそろ怖いものはなくなってきます。

フィリピン人講師とも信頼関係が生まれ、冗談を挟みながら友人と話をするような感覚で英語で会話ができるようになってくるでしょう。

一般英語の学習は卒業でき、次のレベルであるビジネスシーンや、専門的なことを英語で学ぶことができるようになります。

そして、これまでは日本語から英語に頭で変換して言葉にしていたのが、頭での変換作業がなくなり直接英語を理解し、そのまま英語を話すことができるようになるでしょう。

ここまでできれば、安心して次のステップに進めますよ!

 

ただし6カ月の留学の場合は、中だるみが何度か訪れるでしょう。

適度にリフレッシュをして下さいね。

 

セブ島留学の6カ月(半年)の効果は以下の通りです。

  • フィリピン人講師と冗談を挟みながら友人のように会話ができる
  • 一般英語を卒業し次のステップ(ビジネスや専門分野の英語)に進める
  • 頭での変換作業(日本語⇔英語)がなくなる

 

6カ月(半年間)のセブ島留学の効果を更に詳しく知りたい方は「セブ島留学半年(6ヶ月)の効果・英語はペラペラ?【僕のテスト結果を月別公開】」もチェックしてみてくださいね。

 

セブ島留学の期間別のメリット・デメリット

セブ島留学の期間別でよく耳にするメリット・デメリットをまとめました。
あなたが検討している、期間のメリット・デメリットを以下の表で確認してみてくださいね。

 

1週間 メリット
  • 短い休暇で留学できる
  • 英語環境に触れることができる
  • モチベーションを上げられる
  • 自分の英語力を把握できる
デメリット
  • 英語の基礎がないと厳しい
  • 観光をする時間がない
  • 友達は作りにくいかも
1カ月 メリット
  • 短期集中で英語学習に取り組める
  • 観光も楽しめる
  • 英語への拒否反応がなくなる
  • 同じ目標を持った同志に出会える
デメリット
  • 客観的な効果が見えにくい
  • 慣れない環境で体調を崩す場合もある
  • 英語に慣れてきたころに帰国
3カ月 メリット
  • 同じ期間の欧米留学に比べ格安
  • 簡単な日常会話は反射的に回答できる
  • 英語で冗談を言える
  • TOEICのスコアアップも可能
デメリット
  • 中だるみしやすい
  • フィリピンの生活に慣れ、学校外での誘惑が多くなる
  • 英語脳になり始めるころに帰国
6カ月 メリット
  • 講師との信頼関係が築ける
  • ビジネスや専門分野の英語学習にステップアップ
  • セブ島での暮らしをマスターできる
デメリット
  • 中だるみしやすい
  • 体力的に厳しい場合もある

 

フィリピン・セブ島留学で英語力の上達に差が出る3つの理由

ではどうすればセブ島留学で英語力を上達させることができるのか気になりますよね。

冒頭でお伝えした通り、「とりあえず、留学し解けば何とかなる」訳ではありません。

セブ島留学で英語を上達させた人には以下の3つの共通点があります。

  1. 留学に対する明確な目標
  2. 留学前の事前学習
  3. 英語に対する積極性

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

フィリピン・セブ島留学で英語力の上達に差が出る理由①:留学に対する明確な目標

セブ島留学で英語が上達する人の共通点の1つが、留学に対する明確な目標を持っているかどうかです。

とりあえず英語を話せるようになりたい」と漠然に思っていても英語は上達しません。

何事に対してもそうですが、しっかり目的を持ち「そのためには何をしないといけないか」「どうなっていないといけないのか」など目的を達成するための目標を持つことが大切です。

明確な目標がない方は、もう一度あなたの留学の目的から以下の順番で考えてみてください。

  1. なぜ英語を勉強するのか
  2. 英語を勉強する目的を達成するために留学の目標を設定する
  3. 数値で目標を設定する(その時点の自身の英語レベルが客観的に把握できる)

明確な目標を持っていると、客観的に英語レベルが向上していることが分かり継続しやすくなりますよ。

そして、留学に対して明確な目標を持っている人は、その目標を達成するために頑張ることができるできます。

 

フィリピン・セブ島留学で英語力の上達に差が出る理由②:留学前の事前学習

セブ島留学へ出発する前に、どれだけ事前学習ができるかによっても英語力の上達に差が出てきます。

セブ島留学では、アウトプットをメインにレッスンを行うことで、より効率よく英語力を上げることができると言われています。

というのも、セブ島ではスピーキングや発音矯正など実践的(アウトプット)なレッスンがメインです。

アウトプットをするためには、英文法や単語を覚えるなどのインプットが必要ですが、そのインプットをセブ島に来てから行うのは時間がもったいないです。

セブ島では少しでも多くアウトプットに時間を使うことで、英語の上達が早くなります。

日本にいるうちにインプットである基礎的な英文法や単語を覚える事前学習をしておきましょう。

 

この事前学習の量や質によって、セブ島留学に来てからの上達のスピードが大きく異なるのです。

 

フィリピン・セブ島留学で英語力の上達に差が出る理由③:英語に対する積極性

日本人はシャイな人が多いですよね。

留学中に「自分の英語がちゃんと伝わるか」「正しい文法を使えているか」と考えてしまい、発言ができなくなってしまう人もたくさんいます。

そんな不安の殻を破る積極性があるかないかで、英語力の上達に差が出てくるでしょう。

 

留学中はおおいに間違えましょう!

文法を頭で考える前に、発言してみてください。

どうしても自信がない時は、実際に頭の中で文章を組み立てて、その文法があっているかフィリピン人講師に確認してもらう方法もおすすめです。

英語に対して積極性がある人、間違えても気にせず発言できる人は英語の上達スピードが速くなります。

 

まとめ:フィリピン・セブ島留学の効果を高めるには渡航前の準備が大切

フィリピン・セブ島留学は渡航前から準備をしているかによって、現地での上達に大きく差がつきます。

日本にいる間に留学の目標を決め、現地ではその目標に向かってアプトプットに専念できるように、渡航前にインプットである事前学習の時間をしっかり確保しましょう。

そして現地では間違えを恐れず、積極的に英語を使うことが英語上達への近道です。

しっかりと英語力を上げた方たちはセブ島留学後、

  • 2カ国目への留学やワーホリ
  • フィリピンや他国でもインターン
  • 海外で就職
  • 国内で英語を使った職に就く

など、英語を使って次のステップに挑戦しています。

あなたもセブ島留学で英語力をつけて次のステップへ挑みましょう!

 

セブ島留学に対して、何か不安なことや気になることがあれば、いつでもCEBRIDGEまでお問い合わせくださいね!

経験豊富なカウンセラーがしっかりあなたの留学をサポートします。

 

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:もりなつ

2カ国のワーホリ後、日本での留学カウンセラーを経て、フィリピンへ現地就職。 現在は留学・旅行メインのライターとして活動してます。 これから留学・ワーホリに行かれる人の役に立つ情報を発信中!

あなたにオススメの記事