2020年ゴールデンウィークはフィリピン留学!

今年のゴールデンウィークの予定は決まっていますか?

GWを使って短期留学をしようと検討している社会人の方も多いと思います。

GWの短期留学ならフィリピンがおすすめ。

フィリピン留学なら日本からも5時間ほどで、学校によっては着いたその日からレッスンができる学校もあります。

セブ島留学専門のエージェントであるCEBRIDGEがGWにおすすめの語学学校をご紹介します!

今年のGWを有効活用したい方は、フィリピン留学で語学力向上を目指しましょう。

 

GWにフィリピン留学するべき理由

まずはGWにフィリピン留学するべき理由をご紹介します。

  1. 日本から近い
  2. 短期集中で学習できる
  3. 格安で留学できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

GWにフィリピン留学するべき理由①:日本から近い

セブやマニラの主要都市は日本から4~5時間で行くことができます。

日本とフィリピンの時差も1時間しかないので、翌日から始まるレッスンでは時差ボケやフライトでの疲れを持ち越すことなく集中できます

アメリカやオーストラリアなどの欧米諸国への留学となると、長時間のフライトや時差ボケなどで、疲れが残り長い方では1週間ほどレッスンに集中できない方いるでしょう。

GWに欧米の短期留学をする場合、時差ボケを治すのに時間が掛かってしまいあっという間に帰国なんてこともあり得ます。

せっかくの貴重な時間を留学に使うのであれば、日本から一番近い英語圏であるフィリピンへの留学が断然おすすめ。

 

GWにフィリピン留学するべき理由②:短期集中で学習できる

マンツーマンレッスンがメインのフィリピン留学では、1日の学習時間もたくさん確保できます。

そして、多くの学校が方針としてレッスンと自主学習の合計時間を8~10時間と定めています。

たくさん学習できる環境が整っているので、短期間であっても語学力の向上が見込めます

さすがに1週間の留学で英語が話せるようになるとは言えませんが、学習習慣を留学中に身に付け、帰国後も学習を継続することができるようになるでしょう。

英語学習へのモチベーションも留学前と後では全く異なります。

 

GWにフィリピン留学するべき理由③:格安で留学できる

フィリピンへ1週間留学する場合の費用は15万円が相場になります。

一方で、欧米諸国への留学を1週間すると、20~30万円程

留学先をフィリピンにすることで、留学費用を半額ほど抑えることも可能です。

その上、フィリピン留学であれば欧米留学では高額なマンツーマンレッスン(多い学校では1日に8レッスンほど)を格安でたくさん受講することができます。

 

1週間のフィリピン留学の費用について詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

2020年のGW連休スケジュール

気になる今年(2020年)のGW連休スケジュールは以下の通りです。

 

2020年GW連休スケジュール
  • 4月25日(土)通常休日
  • 4月26日(日)通常休日
  • 4月27日(月)
  • 4月28日(火)
  • 4月29日(水 祝)昭和の日
  • 4月30日(木)
  • 5月1日(金)
  • 5月2日(土)通常休日
  • 5月3日(日)憲法記念日
  • 5月4日(月 祝)みどりの日
  • 5月5日(火 祝)こどもの日
  • 5月6日(水 祝)振替休日
  • 5月7日(木)平日
  • 5月8日(金)平日
  • 5月9日(土)通常休日
  • 5月10日(日)通常休日

 

フィリピン留学はほとんどの学校が日曜日に入寮し、翌月曜日からレッスンが始まり、そして、退寮は土曜日になります。

今年のGWは5月7日(木)と8日(金)に有休休暇を取れば5月3日(日)~5月9日(土)の留学が可能です。

学校によっては土日にレッスンを受けることもできる場合があります。

ご希望があれば、その旨をお知らせください!

 

GWにおすすめの語学学校3選

では最後に、GWの短期留学がおすすめの語学学校をCEBRIDGEが厳選したのでご紹介します。

  1. MiRISE:社会人が多い
  2. CPI:短期専用コースがある
  3. First English:コースの組み合わせが可能

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

GWにおすすめの学校①:MeRISE

引用:MeRISE

MeRISE(ミライズ)はセブ市内の中心部にある、社会人向けの日本資本の学校です。

 

おすすめポイント
  • 社会人から絶大な人気を誇る学校
  • 一般英語からビジネス英語まで幅広く対応
  • 新築のきれいな校舎、施設で生活できる
  • 平均年齢が30~40代と落ち着いた環境
  • オーダーメイド式の授業カリキュラム

 

GWにおすすめのコース

<基礎英語力完成コース>

英語レベル初心者向けのコースとなっていて、リスニングとスピーキングの向上にフォーカス。

「単語→短文→文のかたまり」と徐々にわかるところを増やしながら、簡単でも意味のある会話練習をしていきます。

最終的なスピーキング能力の向上を同時に目指すコースです。

 

マンツーマン 5コマx50分
小グループ 2コマx50分

※1日4時間までのマンツーマンレッスンもアレンジ可能

 

MeRISEの詳細を見てみる

 

GWにおすすめの学校②:CPI

引用:CPI

CPIはセブ市内からタクシーで10分ほどの治安の良い場所にあり、自然と調和した綺麗な施設が魅力のセミスパルタ式韓国資本校です。

 

おすすめポイント
  • セブ島語学学校の中でも最高レベルの施設
  • 平日外出禁止のスパルタ規則で比較的まじめな生徒が多い
  • スピーキングから試験対策まで幅広く対応しているカリキュラム
  • 多国籍な環境でプライベートでも英語を使う機会が多い

 

GWにおすすめのコース

<Rapidコース>

1,2週間の短期留学者向けのコースで、月曜日の午前中からレッスンが開始され、1週間で30時間、2週間で60時間のマンツーマンレッスンが保証されています。

祝日で休校になった場合も、補講があるので短期留学者には嬉しいコースです。

 

CPIの詳細を見てみる

 

GWにおすすめの学校③:First English

引用:First English

First Englishは空港のあるマクタン島の閑静な住宅街にある、日本資本の学校です。

 

おすすめポイント
  • 親子留学の受け入れ実績が豊富
  • セブ島のリゾートエリアすぐ近くの立地
  • 留学生への万全なサポート体制により初めての留学でも安心
  • バディーティーチャー制度で、個人に合わせた留学プランをカウンセリング
  • 日本に英語塾を経営するオーナーが運営しているため学習メソッドが確立している

 

GWにおすすめのコース

<週末留学555プラン+GENERALコース>

金曜から日曜までの3日間の最短留学プランである555プランと通常コースを組み合わせることも可能です。

今年のGWの場合、5月1日(金)に渡航し、翌土曜からレッスンを開始できます。

そして、退寮が5月9日(土)になるので、1週間よりも少し長く滞在が可能に。

土日の2日間でマンツーマンレッスンを18コマを受講、月曜日からは1日8時間(マンツーマン6コマ・グループ2コマ)のレッスンを受講します。

GWに少しでも長く留学をしたい方にはおすすめの組み合わせプラン。

 

First Englishの詳細を見てみる

 

まとめ:GWのフィリピン留学で英語学習の習慣をつける

GWにはフィリピン留学がおすすめの理由や学校をご紹介してきましたが、今年GWのスケジュールは1週間の留学が可能です。

1週間で英語が話せるようになるわけではありませんが、英語学習に対するモチベーションは確実に変化するでしょう。

短期間でも留学することで「もっと英語を話せるようになりたい」と感じ、留学中に手に入れた学習に対する姿勢や学習方法などを帰国後も継続できるようになる方が多いです。

 

GWのフィリピン留学を考えている社会人の方はあなた以外にもたくさんいます。

希望の学校が定員に達してしまう前に早めに準備を始めましょう

GWのフィリピン留学を検討している方は、いつでもCEBRIDGEにお問い合わせくださいね!

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:もりなつ

2カ国のワーホリ後、日本での留学カウンセラーを経て、フィリピンへ現地就職。 現在は留学・旅行メインのライターとして活動してます。 これから留学・ワーホリに行かれる人の役に立つ情報を発信中!

あなたにオススメの記事