【国・期間別】大学生が留学で必要になる費用とは?

昔に比べ、身近になってきた海外留学ですが、それなりにコストはかかります。

大学生の場合、留学費用を貯めるにアルバイトなどをする方がほとんどでしょう。

留学をするということは、お金の問題も発生してくるので、事前にあなたの希望する留学スタイル(国や期間)でかかる留学費用を確認して計画的にお金を貯めるのがおすすめです。

この記事では国・期間別の費用と留学費用を節約する方法をご紹介していきます。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

国別・期間別の留学費用の一覧

まずは各国の留学費用を期間別に一覧にしたので、あなたの希望の国や期間を確認してみましょう。

3ヶ月 半年 1年
フィリピン 約73万円 約125万円
アメリカ  約116万円 約215万円 約373万円
イギリス 約129万円 約249万円 約470万円
カナダ 約84万円 約158万円 約299万円
オーストラリア 約80万円 約165万円 約326万円
ニュージーランド 約66万円 約139万円 約256万円
マルタ 約76万円 約142万円 約272万円

※赤字は各期間ごとの最安値です。

 

期間別にかかる留学費用の内訳を国ごとに紹介

では具体的に上記の留学費用の内訳を期間別に見ていきます。

ここでは、語学留学をした場合に掛かる費用をご紹介。

費用は留学スタイルによっても異なるので、参考として確認してみてくださいね。

 

期間別にかかる留学費用:フィリピン

ここ最近、格安留学ができると人気のフィリピン。

マンツーマンレッスンがたくさん受講できるため、短期間でも英語力の向上が期待できます。

また、授業時間が他国よりも長く、朝から晩までみっちり英語漬けの日々を送る事ができるという点もポイント。

そのため、フィリピン留学は最長6カ月が目安となり、その後は2カ国目の留学やワーキングホリデーに挑戦する方がたくさんいます。

食事、洗濯、掃除も基本的には全てフィリピンスタッフがやってくれます。

 

費用内訳 1ヶ月 3ヶ月 半年
学費 約15万円 約50万円 約85万円
現地払い費用(ビザや光熱費など) 約4万円 約8万円 約12万円
生活費(お小遣い) 約4万円 約10万円 約15万円
海外保険 0円 0円 約8万円
航空券 約5万円 約5万円 約5万円
総額 約28万円 約73万円 約125万円

 

期間別にかかる留学費用:アメリカ

常に留学先として人気があるのアメリカです。

本物のアメリカ英語が学べ、プラスαでITやアート系、ビジネスに関する専門的なスキルを身に付けることができます。

留学費用は都市や滞在場所によって大きく差が出てくるでしょう。
ニューヨークやロサンゼルスなどの人気都市は物価も高くなります。

コストを抑えたい方は都市部から離れた田舎や、滞在先のクオリティを下げるなどの対応が必要に。

 

費用内訳 3ヶ月 半年 1年
学費 約50万円 約97万円 約150万円
滞在費 約24万円 約48万円 約96万円
生活費(食費・交際費など) 約30万円 約50万円 約100万円
ビザ 約2万円 約2万円 約2万円
海外保険 0円 約8万円 約15万円
航空券(往復) 約10万円 約10万円 約10万円
総額 約116万円 約215万円 約373万円

 

期間別にかかる留学費用:イギリス

本物のブリティッシュイングリッシュが学べる唯一の留学先。

オックスフォード大学やケンブリッジ大学など世界の名立たる大学が集まっているので、大学進学先としても人気です。

ヨーロッパから近いこともあり、日本人も憧れる留学先ですが、その分渡航費や現地での生活費は高くなります。

特に外食はコストがかかるので、自炊を心がければ費用は抑えられるでしょう。

 

費用内訳 3ヶ月 半年 1年
学費 約60万円 約120万円 約230万円
滞在費 約27万円 約54万円 約108万円
生活費(食費・交際費など) 約30万円 約50万円 約100万円
ビザ(健康保険料含む) 約2万円 約7万円 約7万円
海外保険 0円 約8万円 約15万円
航空券(往復) 約10万円 約10万円 約10万円
総額 約129万円 約249万円 約470万円

 

期間別にかかる留学費用:カナダ

治安が良く、教育水準も高いと言われているカナダも常に人気の留学先です。

語学学校も多いため、学費も低価格に設定している学校が多く、費用を抑えることができます。

そのため、特に初めての留学におすすめ。

アメリカやイギリスに比べ、物価も安くなるので、家賃や生活費なども抑えることができるでしょう。

 

費用内訳 3ヶ月 半年 1年
学費 約40万円 約70万円 約130万円
滞在費 約15万円 約30万円 約60万円
生活費(食費・交際費など) 約21万円 約42万円 約84万円
ビザ 0円 0円 約2万円
海外保険 0円 約8万円 約15万円
航空券(往復) 約8万円 約8万円 約8万円
総額 約84万円 約158万円 約299万円

 

期間別にかかる留学費用:オーストラリア

オーストラリアは治安が良いこともあり、移民や留学生などが多く多国籍国家としても知られています。

親日でフレンドリーな国民性もあり、カナダと同じように初めての留学におすすめの国です。

ただし、物価が高いことでも知られているので、アルバイトや自炊などで節約するのがベター。

 

費用内訳 3ヶ月 半年 1年
学費 約30万円 約60万円 約130万円
滞在費 約18万円 約36万円 約72万円
生活費(食費・交際費など) 約24万円 約48万円 約96万円
ビザ 0円 約5万円 約5万円
海外保険 0円 約8万円 約15万円
航空券(往復) 約8万円 約8万円 約8万円
総額 約80万円 約165万円 約326万円

 

期間別にかかる留学費用:ニュージーランド

ニュージーランドの英語はイギリス英語がベースになっていて、日本人も聞き取りやすいと言われています。

親日、かつ教育レベルは世界屈指で、政府が留学生の学習や日常生活を保障する規則があるので、安心して留学生活を送れるでしょう。

奨学金制度も充実しているので、事前に確認してみてくださいね。

 

費用内訳 3ヶ月 半年 1年
学費 約25万円 約60万円 約110万円
滞在費 約18万円 約36万円 約72万円
生活費(食費・交際費など) 約12万円 約24万円 約48万円
ビザ 0円 0円 0円
海外保険 0円 約8万円 約15万円
航空券(往復) 約11万円 約11万円 約11万円
総額 約66万円 約139万円 約256万円

 

期間別にかかる留学費用:マルタ

ヨーロッパの留学先として穴場なのがイタリアの下にあるマルタ島という小さな国です。

ヨーロッパのリゾートとしても知られていて、主にヨーロッパの学生から人気の留学先、日本人が少ないのが特徴。

物価も安いので、費用を抑えてヨーロッパに留学したい方におすすめです。

 

費用内訳 3ヶ月 半年 1年
学費 約22万円 約40万円 約85万円
滞在費 約24万円 約48万円 約96万円
生活費(食費・交際費など) 約15万円 約30万円 約60万円
ビザ 0円 約1万円 約1万円
海外保険 0円 約8万円 約15万円
航空券(往復) 約15万円 約15万円 約15万円
総額 約76万円 約142万円 約272万円

 

留学費用を節約するコツとは

各国の留学にかかる費用が分かったところで、留学費用を節約する方法もご紹介します。

これから費用を貯める方は参考にしてみてくださいね。

 

  1. 認定留学
  2. 早めの事前準備
  3. エージェントを通して申込み
  4. ビザの種類

 

それぞれ順番に見ていきましょう。

 

留学費用を節約する方法①:認定留学

大学生が留学する方法の中には「認定留学」というものがあります。

この留学は日本の大学に在籍しながら、海外の大学に1年間留学するという方法です。

海外の大学で取得した単位はそのまま日本の大学に移行することができて、留学中の学費も日本の学費のみで済む場合がほとんど。(在学している大学に要確認)

ただし、認定留学で留学するには日本の大学が定める条件をクリアする必要があり、倍率も高いです。

条件は大学によって異なりますが、英語力や成績が大きく左右するので、気になる方は在学している大学に確認してみましょう。

認定留学ができれば学費を抑えることができます。

 

留学費用を節約する方法②:早めの事前準備

留学となると、事前準備に時間が掛かります。
授業やアルバイトなどで忙しいかもしれませんが、早めに準備を済ませることを心がけましょう。

留学の準備は、

  1. 学校を決めて、入学時期も決める
  2. 語学学校に申し込む
  3. 学費を支払う
  4. ビザが必要であれば申請
  5. 航空券を取得
  6. 海外保険の手続き

この手続きが一般的です。

注意したいのが、空券の取得で、早い時期に購入できればその分値段も安くなります。

時期が近づくにつれて値段が高くなるので、早めにビザの取得までを終わらせて、航空券をゲットしておくのが節約のポイント。

 

留学費用を節約する方法③:エージェントを通して申込み

一昔前までは、留学エージェントは多額な手数料を取ると言われていましたが、留学が身近になったここ数年で、手数料はかからず留学できるようになりました。

さらにエージェントを通して申し込むと、エージェントを通してのみ適応されるキャンペーンなどもあります。

手間のかかる語学学校への手続きももちろん無料で代行してくれるので、エージェントを通して損をすることはないでしょう。

 

留学費用を節約する方法④:ビザの種類

海外留学をするには、現地で長期滞在するためのビザが必要です。

このビザは滞在期間や希望の留学スタイルによって異なります。

大きく分けてビザの種類は3つ。

 

ビザの種類 ビザの内容
観光ビザ
  • 国によって3ヶ月や6ヶ月など期間が異なる
  • 就業のみ可能
  • 1週間のレッスン数に制限がある
学生ビザ
  • 長期間の就業が可能
  • 国によってはアルバイトが可能
ワーキングホリデー
  • 1年間滞在することができる
  • 就労が可能(時間制限なし)
  • 就業が可能(機関の制限あり)
  • 1カ国で1度のみ申請が可能

 

あなたの希望する留学スタイルによって取得するべきビザは異なります。

また、同じビザであっても、国によって条件が異なるので、詳細の確認が必要です。

アルバイトのできるビザを取得すれば、現地での生活を抑えることができるのでおすすめ。

 

まとめ:事前に費用を把握して、効率よく準備をしよう

大学生が留学をするとなると、両親に協力してもらう必要がある方も多いでしょう。

事前に掛かる留学費用を把握しておくことで、お願いしやすかったり、可能な限りはあなた自身で貯めて残りを出してもらうなどスムーズに留学準備を進めることができます。

また、費用を貯める期間も含めどのくらい準備期間が必要なのかもわかるので、あなたの希望する留学スタイルで必要な金額を事前に確認していきましょう!

 

CEBRIDGEはフィリピン・セブ島専門の留学エージェントです。

フィリピンの留学を検討されている方はいつでもお問い合わせください。

留学の目的や目標をお聞かせいただければ、あなたに最適な留学プランを提案させていただきます。

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

One thought on “【国・期間別】大学生が留学で必要になる費用とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:もりなつ

2カ国のワーホリ後、日本での留学カウンセラーを経て、フィリピンへ現地就職。 現在は留学・旅行メインのライターとして活動してます。 これから留学・ワーホリに行かれる人の役に立つ情報を発信中!

あなたにオススメの記事