【フィリピンセブ島】クレジットカードでATMから現金を引き出す方法と注意点

フィリピン・セブ島へ旅行、留学をされる方はお金の心配はつきものですよね。

「現金で両替した方がいいのか?」

「大金を持ち歩くのは怖い」

「現金を紛失してしまったらどうしよう?」

といった悩みがあると思います。

そんな方にお勧めなのがクレジットカードの海外キャッシングを利用して、現地通貨ペソを引き出す方法です。

レートも、日本円をペソで現金両替するのとほぼ変わらないので、知っておくと便利です。

特に留学生は中長期間の滞在となるので、現金が使い切ってしまった場合にも、クレジットカード一枚でATMからお金を引き出す事ができます。

 

そこで、今回はクレジットカードを使った現地フィリピンセブ島でのお金の引き出し方をわかりやすく写真付きで説明していきます。

また、海外キャッシング機能の確かめ方も記載しています。

ちなみに、私自身もセブにいる時はこの方法でお金のやりくりをしていました。

 

英語でのATMの使い方がわからない。

という方もこちらの記事を見ながらATMを操作すれば、英語がわからなくても簡単に手順を理解することができますので、参考にしてくださいね。

 

 

【フィリピンセブ島】クレジットカードで現金を引き出す方法と注意点

 

 

クレジットカードが海外でキャッシング可能か事前に調べておく

海外キャッシングとはクレジットカードを使って海外ATMでお金を引き出すことのできる機能です。

ちなみに、私が使用していたのは、「楽天カード」「オリコカード」です。

あなたが持っているクレジットカードがキャッシング可能かどうかは、クレジットカードのWebサイトにログインし、「利用可能額」から確認できます。

キャッシング枠が0円となっている場合やキャッシング可能枠の表示自体がない場合は、海外キャッシングができないので注意が必要です。

その場合は、出発までに海外で使用できるVISAデビットカードを事前に作っておきましょう。

VISAデビットカードが作れる有名どころの銀行ですと、楽天銀行、 住信SBIネット、りそな銀行、 ソニー銀行、埼玉りそな銀行、スルガ銀行、イオン銀行、琉球銀行、 三菱UFJ銀行、あおぞら銀行、北國銀行、 ジャパンネット銀行、近畿大阪銀行、三井住友銀行です。

入会費、年会費も無料なものが多いので、海外よく行かれる方やワーホリを考えている方は念のために作っておいても良いでしょう。

 

セブ島の現地ATMでお金を引き出す手順

 

今回は、BDOという銀行のATMを使って説明していきますが、その他の銀行ATMでも基本的な流れは同じです。

 

街中にこんな感じで、ショッピングモールや小さな商業施設でしたらATMが設置されています。

 

初めに、クレジットカードを挿入します。

 

言語の選択画面ですが、こちらはENGLISHを選択で大丈夫です。

 

次の画面で、withdrawal(引き出し)をタップし、Credit Card(クレジットカード)を選択します。

すると、注意書きのような画面が表示されますが、こちらの内容は「一回の引き出し手数料が250ペソ(約500円)かかりますがいいですか?」と聞かれているので、Yesをタップします。

次に、引き下ろす金額を設定する画面に移ります。

もし、希望する金額が選択肢になければ、右下の緑枠OTHER AMOUNTをタップすれば、希望の金額を入力できます。

また、フィリピンのほとんどの銀行ATMは最大10,000ペソ(約21,000円)まで引き下ろす事ができます。

BPI銀行ATMは、一回に最大20,000ペソ(約42,000円)まで引き下ろせます。

 

そうすると、4桁の暗証番号を押してくださいと出ますので、手元にある機械で記入します。
この辺りは、日本のATMの使い方とほぼ同じです。

番号が怪しい人に盗み見られていないか周囲を確認しておきましょう。

 

 

写真のように、Transaction Completedと出れば、取引が成立したという事です。
カードを先に取り、約2秒後に現金が出てきます。

画面上にFaildと出ると、取引失敗ということなので、暗証番号が間違っているか、カードが使用できないかなので、もう一度初めからやり直してダメな場合は、違うATMで試してみましょう。

 

 

セブ島でATMを使う時の3つの注意点

1. ATMにお金が入っていない事がたまにある
よくクリスマスシーズンなどのイベント時や、給料日後(15日、30日)の週末は、お金が入っていない事が多々ありますので、その際は近くのATM探しましょう。

 

2.クレジットカードが吸い込まれたまま返ってこない
その際は、携帯があればその銀行に電話をしましょう。また、学校スタッフや旅行代理店に対応してもらうのがいいです。英語でのやりとりになり、返却まで数日かかることもあるので、最終日や2日後に帰国する場合は諦めるしかないです。。

 

3.安全な場所にあるATMを使う
セブ市内であれば、銀行に併設されているATMやショッピングセンターの中にあるATMはより安全です。
人気のない場所にある物や、治安の悪い場所にあるATMは使用しないでください。
お金をおろし直後後に、窃盗されてしまう事もあるみたいです。

 

【フィリピンセブ島】クレジットカードで現金を引き出す方法と注意点のまとめ

いかがでしたでしょうか?

海外でのATMの使用は、初めは戸惑う事も多いですが、慣れれば日本で使う感覚で使用できます。

現金主義ではなくなりつつある中、フィリピンセブ島はほとんどの清算は現金で行われているので、カードだけでは生活できません。。

急遽、現金が必要になった場合もクレジットでサクッと現金を引き出せると便利ですよね。

カテゴリ: 留学お役立ち情報

One thought on “【フィリピンセブ島】クレジットカードでATMから現金を引き出す方法と注意点

Comments are closed.

この記事を書いた人:山岡 弘卓(Yamaoka Hirotaka)

株式会社CEBRIDGE代表取締役。 セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

あなたにオススメの記事