高校生で留学は当たり前?メリットやおすすめの国をご紹介

一昔前に比べて海外へ簡単に行けるようになったこともあり、海外留学も身近になりました。

そのため、大学生や社会人だけではなく、高校生も留学をしたいという方も多くなってきています。

 

  • 高校生でも留学できるの…?
  • 高校生だとどんな留学ができるの…?
  • そんな早くから留学させても大丈夫…?

などと、気になっている高校生や、不安に思う親御様も多いのではないでしょうか。

 

最近では親子留学やシニア留学など幅広い世代の方々が海外留学に挑戦されています。

もちろん高校生でも留学は可能です。

 

今回は、高校生向けの留学方法や受講できるプログラム、高校生のうちに留学をするメリットなどをご紹介します。

 

この記事で分かること
  • 高校生が対象の留学
  • 高校生が留学するメリット
  • 高校生におすすめの留学先

 

留学をしてみたい高校生や、子どもを高校生の間に留学させたいと考えている親御様は必見です。

 

高校生はどんな留学ができるのか

まずは高校生の場合、どんな留学方法があるのかについてご紹介します。

  1. 語学留学
  2. 交換留学
  3. 卒業留学

大きく分けるとこの3つの留学方法があるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

高校生の留学①:語学留学

一番一般的な留学がこの語学留学といわれるものです。

この語学留学ができるのは、春休みや夏休みなどの長期休暇中になります。

多くの学校が、一般のコース(大学生以上)と中高生対象のコースに分けているので、世界中から集まった同世代の子たちと一緒に語学を学ぶことができます。

 

また、夏休みの期間のみ開催されるサマースクールというものもあります。

プログラムの内容は語学留学とほとんど変わりませんが、開催されるのは夏休みの期間中のみです。

 

語学留学とサマースクールはプログラム内容はほとんど違いませんが、サポート内容や開催時期、期間などが少し異なります。

以下にまとめてみたのでチェックしてみてくださいね。

 

語学留学 サマースクール
留学時期 長期休暇(春休み・夏休み・冬休み) 夏のみ
留学期間  1~8週間 2~3週間
対象 12~17歳 10~25歳
プログラム内容 午前:英語レッスン
午後:アクティビティ
午前:英語レッスン
午後:アクティビティ
滞在先 ホームステイ
学生寮
ホームステイ
学生寮
引率スタッフ なし あり

 

高校生の留学②:交換留学

交換留学とは現地の高校に通い、現地の学生と一緒に勉強するという留学方法です。

基本的に留学会社やNPO法人が取り扱っている留学プログラムとなります。

 

交換留学の内容
  • 現地の高校に10カ月間(原則)の留学
  • ホームステイ滞在
  • 授業料免除
  • 留学先の国は選べる
  • 留学先の学校は選べない

 

取り扱い先の会社によって若干内容は異なりますが、基本的にはこのような内容です。

 

交換留学の条件
  • 中学課程を修了
  • 英語力:英検3級レベル以上
  • 成績:平均3以上が望ましい(5段階評価)

 

出願の際に入学願書・過去2年分の成績証明書(英文)・英語力が証明できるもの・英文の推薦状やエッセイなどが必要になります。

 

交換留学の場合、帰国後の復学が気になる方も多いと思います。
基本的には公立の場合、学校長の許可を得た留学扱いになるケースがほとんどです。

その場合、海外での単位を日本の高校に移行できるので、日本の同級生と一緒に卒業できます。

私立高校の場合は、学校側の判断によります。

公立、私立どちらに関しても事前に確認しておくのが安全です。

 

高校生の留学③:卒業留学

日本の中学校を卒業し、同時に海外の高校へ入学、卒業を目的とした留学を卒業留学といいます。

 

現地の学生と一緒に、数学、化学、社会、歴史などを学び、卒業に必要な単位を取得していきます。

国によって入学条件は異なりますが、基本的に以下の準備が必要です。

 

入学に必要なもの
  • 英語力:不要(中学レベルの英語力があるとベター)
  • 英文成績証明書:最終学歴の卒業証明書を英文で発行
  • 英文卒業証明書:最終学歴の卒業証明書を英文で発行
  • 推薦状:英文での推薦状を中学校の先生に書いてもらう
  • 英文残高証明書:海外で生活できる十分な資産があることを証明

 

入学時期が国によって異なるので、事前に希望の国の入学時期を確認し、それに向けて入学に必要なものを準備する必要があります。

 

入学時期
  • アメリカ・カナダ:1月・9月の計2回(カナダは4月から入学できる学校もある)
  • オーストラリア:1月・4月・7月・10月の計4回
  • ニュージーランド:2月・5月・7月の計3回
  • イギリス:1月・9月の計2回

 

卒業留学は卒業後の進路の幅が広がるというメリットがあります

 

ただ一方で、留学するまでに必要な準備がたくさんあります。

そのため、自力で準備することも可能ですが、留学エージェントのサポートを得て、確実に準備していくのがおすすめの方法です。

 

高校生が留学するメリット

高校生の留学はどのようなメリットがあるのか。

早い時期に留学をさせるべき理由は何か。

その理由はこの以下の3つです。

 

  1. グローバルな思考が身につきやすい
  2. 将来の夢の幅が広がる
  3. 自立心が養われる

 

それぞれ具体的に解説していきます。

 

高校生が留学するメリット①:グローバルな思考が身につきやすい

高校生という若い時期から日本を客観的に見ることができます。

そして、若いうちから異文化に触れることで、これまでの自分の中での常識が通用しないこということも学べるでしょう。

留学中の生活で、さまざまな価値観や文化に驚くこともありますが、その分適応力も養われます。

自分とは異なる文化や考え方を持つ人たちと生活することで、将来的にグローバルで活躍できる能力やマインドを身に付けることも可能です。

 

高校生が留学するメリット②:将来の夢の幅が広がる

グローバル化が求められている日本には、英語でビジネスのできる人材が必要になってきます。

若いうちから英語を身に付け、世界中でコミュニケーションが取れるようになれば、将来のキャリアは日本国内だけでなく、世界各国へと幅を広げることができるでしょう。

 

高校生が留学するメリット③:自立心が養われる

留学をするということは、親元を離れるということです。

これまで日本では、両親が食事の管理、学校の先生が勉強の面倒を見てくれていました。

しかし、留学中は違います。

 

  • 滞在先のホームステイでは、朝食は自分で作って食べる
  • 夜更かししても、翌朝起こしてくれる人はいない
  • 学校の先生は察してくれないから自分から発言しないと解決されない

など自分から行動を起こさないといけない場面が多くなります。

 

困ったときに「自分でどうにかしないといけない」と自分から行動を起こすことで、自立心が養われます

 

高校生の留学でおすすめの国

高校生が留学するメリットはあるといえ、1人で海外に行くのはまだ早いと考えている方も少なくないと思います。

そこで、高校生でも安心して留学できるおすすめの国をご紹介します。

 

高校生の留学でおすすめの国①:フィリピン

一昔前までは、治安の面で心配されていたフィリピンですが、ドゥテルテ大統領の政策により治安は良くなってきています。

今では人気の留学先のひとつです。

 

  • 日本からのアクセスが便利
  • 時差はマイナス1時間
  • マンツーマンレッスンで短期留学でも効果あり
  • 格安で留学できる

などと、メリットはたくさんあります。

 

短期間で集中して英語が学びたい高校生には、長期休暇中のフィリピン語学留学がおすすめです。

 

フィリピンの治安が気になる方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

 

高校生の留学でおすすめの国②:カナダ

移民を多く受け入れていることでも有名なカナダ。

さまざまな国籍の人たちを受け入れていることもあり、外国人に対してもとても親切で差別や偏見はほとんどありません。

また、銃規制が厳しく、治安の良い国としても知られています。

そのため留学先としても人気のある国です。

 

  • 外国人に対しての差別が少ない
  • 銃規制などもあり、治安が良い
  • 教育レベルも高く、留学制度もしっかりしている
  • 観光ビザの期間が6カ月と長く、留学プランが豊富
  • きれいな発音の英語が学べる

 

高校生を長期間留学させるには最適な国ともいえます。

そして、教育水準が高いので、交換留学や卒業留学におすすめ。

 

高校生の留学でおすすめの国③:オーストラリア

オーストラリアもカナダ同様に移民を多く受け入れています。

そのため、留学生に対しても親切・フレンドリーに接してくれます。

日本人の多いオーストラリアでは日本人コミュニティも多くあるので、同郷の友人や助けが必要な際にありがたい存在です。

 

  • 留学生に対してフレンドリー
  • 日本人コミュニティーがたくさんある
  • 自然が身近にあるのでストレスを抱えにくい
  • 気候は日本と似ているので過ごしやすい
  • ビザの柔軟性が高い

 

日本ではありませんが、気候が似ていることで、日本で暮らしている時と同じように生活できるという魅力があります。

ビザ利用の柔軟性が高いので、留学後の進路が日本なのか海外なのか見ていな場合、オーストラリアはおすすめの留学先です。

 

高校生の留学でおすすめの国④:ニュージーランド

自然豊かなニュージーランドは自然を生かしたアウトドアスポーツや、ウィンタースポーツが盛んです。

また人口が少ないため、のんびりと過ごしたい方や、アウトドアを楽しみたい方におすすめです。

一方で、最大都市のオークランドは移民が増加しているため、多国籍文化を形成しつつあります。

日本と同じく島国のため、フレンドリーな一面もありながらシャイな国民性も兼ね備えているので、日本人とも気が合うでしょう。

 

  • 雄大な大自然を楽しめる
  • アウトドアスポーツが盛ん
  • 自然が多くのびのびと過ごせる
  • 治安も安定している

 

教育水準も高いので、交換留学や卒業留学におすすめです。

また、ラグビーを目的に留学する方も少なくありません。

 

まとめ:留学は若ければ若いほど良い!

高校生の留学方法やメリット、おすすめの国をご紹介しましたが、ポイントは留学は早ければ早いだけ柔軟性が鍛えられるということ。

若いうちに日本を客観的に見ることができたり、異文化を経験することで、よりグローバルな価値観や世界で通用するコミュニケーション力を身に付けることができます。

今では親子留学で、未就学児にも語学を学ばせる親御様も増えてきているほど。

留学が身近になった今だからこそ、将来活躍できる幅を広げるために、少しでも早いうちに留学することをおすすめします。

 

CEBRIDGEはフィリピン・セブ島専門の留学エージェントです。

セブ島は短期の語学留学が特におすすめです。

また、長期留学を検討している高校生のお試し留学としてもおすすめなので、これから留学を検討している方は、いつでもCEBRIDGEにお問い合わせください。

 

ご希望をお聞かせいただければ、あなたにあった最適な留学プランを提案いたします。

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:もりなつ

2カ国のワーホリ後、日本での留学カウンセラーを経て、フィリピンへ現地就職。 現在は留学・旅行メインのライターとして活動してます。 これから留学・ワーホリに行かれる人の役に立つ情報を発信中!

あなたにオススメの記事