【2018年最新版】フィリピン、セブ島でのネット環境について

今回は、フィリピン、セブ島のWifi事情、ネット環境についてお伝えします。

ひと昔に比べると、ここ最近でデータの繋がるスピードは年々早くなりつつあります。

留学中にうまく現地の通信環境について、知っておくと費用も抑えれますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

【最新】セブのネット環境

フィリピンセブ島の通信環境は、まだまだインフラの整備が進んでいる中で、

日本に比べると決してスピードが速いとは言えませんが、

年々、日本と同等のネット速度で使える場所も増えて来ています。

光ファイバーの高速Wifiを導入している語学学校も近年増えてきました。

場所を選べば、社会人の方でもセブで仕事をしつつ英語学習ができる環境は整っています。

また、日本とは違い大抵のカフェやレストラン、ショッピングモール等では無料でWifiが使えます。

日本のようにau,docomo,softbank有名どころのキャリア限定で使えます!みたいな場所はまずないです。

この面に関しては、日本よりも便利と感じます。

私も、よく自宅近くのカフェにwifiを使う為のコーヒーを一杯頼み、3時間ほど作業することもよくあります。

 

フィリピン、セブ島で主なネット環境の3つの選び方

大き分けて3つのネット環境を確保する手段があります。

 

学校のWifiを使用する

必ず、セブ島にある語学学校にはWifiが設置されていて、生徒なら誰でも無料で使用できます。

学校によっては、お部屋でのみWifiが使えないところもあるので、

現地でもお仕事をされたい場合はお部屋でもネット環境が整っている学校をオススメします。

ただし、主にピークシーズン(7月~9月、1月〜3月)では生徒数が増え、

接続が切れたり、データ速度が急激に遅くなることがあります。

 

 

カフェやレストラン、コワーキングスペースのWifiを使用する

セブ島には多くのカフェやレストランがあります。

日本とは違い、そのお店のほとんどで無料のWifiが提供されています。

また、大抵のお店のWifi速度もYouTubeが止まることなくスムーズに見れるぐらい早いです。

なのでよく学生がカフェで地震をしたり動画を見たりしてる光景をよく見かけます。

またセブの中で一番 wi-fi の速度が速い場所はコワーキングスペースと呼ばれるシェアオフィスだと、日本と相違ないネット環境を使うことができます。

集中してお仕事をされたい場合はコワーキングスペースの使用をおすすめします。

セブ市内でで言うと「ii ofice」や「The company」があります。

これらのコワーキングスペースでは無料でコーヒーが飲めたり、コピーができたりするのでとても便利です。

 

現地SIMプランやポケットWifiを使用する

学校以外でも常にネット環境が欲しい方は現地プリペイドSIMカードの購入か ポケットWifiの購入をお勧めします。

現地SIMカードを使用するには日本で SIM ロックされたスマートフォンでのみ使用可能になりますので、日本でのロック解除を事前にしておく必要があります。

これから2カ国留学でオーストラリアやカナダ等、違う国へ渡航される予定の方は事前にシムフリー端末を用意するかSIMロック解除をしておきましょう!

 

フィリピンには大きく分けて、GlobeとSmartの二つの通信業者があります。

日本で言うところのドコモやau、SoftBankのようなものです。

 

また現地では、ポケットWifiの端末を購入することもできます。(約2,600円)

日本でレンタルポケットWiFiもありますが、中長期で滞在される方は現地でポケットWifiを購入した方が断然安いです。

 

まとめ

 

自身に合った、ネット環境の選び方によっては費用を抑えることも可能です。

今やネットがなくては生活できない環境にあるので、これらの情報も要チェックです。
また学校ごとのネット環境に関してはお気軽にお問い合わせいただけたら、詳しくお伝えできます。

カテゴリ: 留学お役立ち情報

この記事を書いた人:山岡 弘卓(Yamaoka Hirotaka)

株式会社CEBRIDGE代表取締役。 セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。

あなたにオススメの記事