みなさんこんな経験ありませんか?

 

「データが無くなって今どこにいるのかわからない」

「オフラインでも地図が観れたらいいのになぁ」

そんな悩みを解決できる、とっても簡単な方法があるんです!

 

海外にこれから行く人、必見です!

設定自体は30秒でできるので、旅行前、留学前に必ず行いましょう!

 

写真を使ってわかりやすく解説していきます!

 

意外と知らない?海外でデータを使わずにGoogleマップを使う方法

 

たったこれだけ?地図データをダウンロードするのみ!

海外に行く前に、事前にGoogleマップのアプリ上で、これから行く海外の地図データをダウンロードするだけで、現地に着いてからもデータ無しでマップを閲覧することができます。

 

それでは早速設定方法をわかりやすく解説していきます。

 

 

地図データをダウンロードする方法

 

まずはGoogleマップのアプリを起動後、

ダウンロードしたい場所を検索し、その後に左上の3本線のメニューバーをタップします。

 

 

 

 

すると、オフラインマップという欄があるので、選択します。

 

 

次に、地図の選択範囲が表示されるので、お好きな範囲を選択し、ダウンロードします。

この際に、選択範囲が広すぎると、データを大量に使用するので、あまり広すぎない方が良いです!

どちらにしても

100MB前後の容量をダウンローする際に使うので、WiFi環境でのダウンロードを強くお勧めします。

 

 

ダウンロードが完了すると、下記の画像のように、

ダウンロードした地図が表示されます。

複数の範囲でダウンロードすることができるので、不安な方は事前に済ませておきましょう!

以上で設定は完了です!

 

 

合わせてこちらの記事もどうぞ。

90%以上の人が知らない?超簡単!航空券を安く買う裏技

 

海外でデータを使わずにGoogleマップを使う方法のまとめ

たったこの設定をするだけで、海外に着いてデータが無く、

「ここがどこかわからない!」という事態は防げますにで、出国前に日本でこれから行く海外の地図データを取得しておきましょう!

 

セブ留学についてのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

お問い合わせ

 


山岡 弘卓

セブ島留学を経験後、オーストラリアでワーキングホリデー、現地セブにてエージェント会社、学校職員、人材紹介会社と海外での就労経験を積む。 月に平均20校のセブ島語学学校を訪問し、豊富な現地の知識を生かし無料セブ島留学エージェント会社を立ち上げる。 今までにセブ留学の魅力を知人に伝えながら豊富な紹介経験を持つ。 実際の経験から、留学生に近い立場でのカウンセリングが得意。