フィリピン留学での携帯事情とは?日本のスマホは使えるの!?

  • フィリピン留学に行くことになったけど、携帯は日本で使っているものを持っていくべき?
  • 現地のWI-FI事情はどうなの?
  • もしくは、現地で携帯を購入するべき?

 

などと疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

フィリピンでのWI-FI事情や日本の携帯が使えるのか、気になりますよね。

 

フィリピン・セブ島の留学エージェントである、CEBRIDGEは語学学校だけではなく、生活面に関しても熟知しています。

本記事ではフィリピン留学でのインターネットや携帯事情について解説していくので、あなたに最適な手段を見つけて下さいね。

 

フィリピン留学中に携帯(スマートフォン)を使用する方法は3つ

フィリピン留学中は日本のスマートフォンを使用する方がほとんどです。

と言っても、日本で契約しているauやDoCoMoを日本国外で使用すると、現地のキャリアを通してインターネットを使うことのできる海外ローミングでの使用になります。

海外ローミングを知らずに使い続けると、帰国後に覚えのない高額の請求が来てしまいます。

そういった事態を避けるべく、フィリピン留学中は以下のいずれかの方法で携帯を使用しましょう。

 

  1. SIMフリーにして、現地のSIMを購入
  2. 機内モードにしてWIFIのみ使用
  3. ポケットWIFIを契約

 

それぞれの方法でメリットとデメリットもあるので、あわせて詳しく見ていきましょう。

 

携帯の使用方法①:機内モードにしてWIFIのみ使用

機内モードにしておくと、現地のWIFIスポットでインターネットを使うことができます。

フィリピンではいたる所にWIFIが飛んでいるので、短期間の留学であれば、さほど支障はないでしょう。

  • 語学学校(使用できる範囲は学校による)
  • カフェ
  • レストラン
  • コワーキングスペース

などで、インターネットを使うことができます。

ただし、ネット環境は日本に比べて劣っているので、スコールや台風などの影響で、インターネットが使えないということが頻繁に起こります。

また語学学校では、スパルタ校の場合、共有部ではWIFIを使うことができるが、学生寮では使えないということが多いです。

本来の目的は英語学習になるので、インターネットを使えすぎても学習の妨げになります。

あなたの本来の目的を見失わないためにも、現地ではWIFIのみの使用で過ごすのはおすすめです。

 

機内モードのWIFI利用がおすすめの人
  • 1ヶ月以内の短期留学の人
  • 本気で英語学習に取り組みたい人

 

現地のWIFIのみで過ごす場合は、まずフィリピンに到着したら、機内モードに設定してください。

機内モードに設定をし忘れそうな場合は、事前にSIMカードを抜いておくのもおすすめ。

 

メリット
  • 事前準備が不要
  • コストがかからない
デメリット
  • 使える範囲が限定される

 

携帯の使用方法②:ポケットWIFIを契約

フィリピンのインターネットは、夜になると圧倒的に速度が遅くなります。

現地の方は仕事が終わりに、家でインターネットを使い始める方が多く、みんなが一斉に使い始めることで、回線は混雑し、SNSを開くだけでも時間が掛かるでしょう。

私も実際に、インスタグラムやTwitterをチェックしていましたが、混雑時は開くのに時間が掛かり、結局見るのを諦めたほどです。

そんな現地の回線を使用せずにストレスなく、インターネットを使用するには、日本からポケットWIFIを契約してくるのがおすすめ。

初めから料金も決まっていて、追加料金を支払う必要がありません。
現地で仕事もしなければいけない方は、ポケットWIFIを事前に契約していくのが良いでしょう。

ただし長期間(1カ月以上)の滞在になる場合は、料金が割高になってしまうので、こちらも1カ月以内の短期間の方におすすめです。

 

ポケットWIFIの契約がおすすめの人
  • 1ヶ月以内の短期留学の方
  • 現地で仕事をする必要のある人

 

おすすめのポケットWIFIは、以下の2つです。

 

メリット
  • どこでもインターネットが使える
  • 低速になる心配が無い
デメリット
  • 事前準備が必要
  • コストがかかる

 

携帯の使用方法③:SIMフリーにして、現地のSIMを購入

日本で使用しているスマートフォンがSIMフリーの方は、現地のSIMを使用することができます。

現地の空港やショッピングモールで、SIMカード、ロードカード(プリペイド式)を購入し、プランを設定すると使用できるようになります。

設定はすべて英語になるので、不安な方は購入したところで、設定までお願いしましょう。

空港では何も言わずに設定まで行ってくれるので、空港到着時にSIMカードを購入するのが手っ取り早い方法です。

 

フィリピンの回線は先にお伝えしたように、天候によって左右されたり、時間帯によって混雑することが多いです。
そのため、まったく使えない訳ではありませんが、日本でインターネットを使用する時よりストレスに感じることはあります。

とはいえ、コストは600ペソ(約1,300円)ほど支払えば、30日間で4GB分のロードを購入できます。

WIFIを使えるところではWIFIを、外出時はデータ通信で使用すれば、4GBで最低限の連絡はできる範囲内です。

 

現地のSIMカードは、インターネットを常に使いたいけど、コストを抑えたい方にはおすすめの方法です。

 

現地のSIM購入がおすすめの人
  • 1カ月以上の長期留学の人
  • コストを抑えて、インターネットを使いたい人

 

フィリピンの回線キャリアは、以下の2つがメインになります。

どちらが良いかは一概にお伝えするのが難しいですが、エリアによって、通信の調子の良さが異なり、マクタン島はSmart(スマート)、セブ島であればGlobe(グローブ)がおすすめです。

 

メリット
  • どこでもインターネットが使える
  • コストが抑えられる
デメリット
  • 設定が必要
  • 気候や時間帯によって速度が左右される

 

現地のSIM購入とロードの方法

現地ではGlobeを使っている人が多い印象だったので、今回はGlobeのロード方法をご紹介します。

 

  1. SIMカードとロードカードを購入
  2. ロードカードの裏面の番号を確認
  3. ガイドに沿って番号を入力
  4. 完了メッセージをSMSで受信
  5. SMSでプランを設定

プランの設定まで順番に見ていきましょう。

 

ステップ①:SIMカードとロードカード(プリペイド)を購入

上の写真はロードカードです。

このロードカードは、50ペソ/100ペソ/300ペソ/500ペソが売られています。

お店ごとに取り扱っている金額が異なるので、ご注意ください。

そして、ロードカードとあわせて、SIMカードも購入しましょう。

SIMカードとロードカードを同時に購入すると、SIMカードの挿入からプランの設定まで行ってくれる店員さんが多いです。

ロードカードのみを購入した場合は、設定までしてくれることは少ないので、以下の流れで設定をしてみましょう。

 

ステップ②:ロードカードの裏面の番号を確認

ロードカードの裏面には、コインで削ると10桁の番号と、PIN番号が確認できます。

 

ステップ③:ガイドに沿って番号を入力

裏面に掛かれたガイドに従って、進めていきます。

  1. 「*143#」に電話をかけ、「My Account」を選択
  2. 「Load call card」を選択
  3. カードの裏面に書かれた10桁の番号を入力後、6桁のPIN(ピン)を入力
  4. SMSでロード完了のメッセージを受信

 

ステップ④:完了メッセージをSMSで受信

ロードが完了すると、上のようなメッセージを受信します。

そして、有効期限は2020年の12月3日(1年後)までと記載されています。

ロードはこれで完了ですが、設定はまだ終わりではありません。

このままでも使うことはできますが、プランに申し込まないと、ロードのバランス(残高)の減りがとても速いです。

最後に忘れずにプランに設定を行いましょう!

 

ステップ⑤:SMSでプランを設定

プランの設定は、2つ方法があります。

ロードをした時と同じように、「*143#」に電話をかけて設定する方法と、SMS(8080宛)にテキストをする方法です。

プランが決まっていれば、SMSでテキストを送るだけで設定できるので、早くておすすめ。

プランはこちらから確認できます。

  • GoSAKTO
  • GoSURF
  • GoUNLI

この3つは電話をするか、テキストし放題かなどの違いがあります。

ちなみに私は、外出時の最低限の連絡のみで使えれば良いので、GoSURF299(1.5GB/30日間)を使用しています。

GoSURF299を設定したい場合は「GoSURF299」とそのまま打つか、もしくは「GS299」と省略して打つと、上記のように登録完了の連絡が来ます。

 

これでプランの設定まで完了したことになります。

 

まとめ:日本のスマホはフィリピンでも使える

フィリピンの携帯事情と現地では日本の携帯が使えるのかについて、詳しく解説してきましたが、日本のスマホを使う方法は主に3つあります。

  1. SIMフリーにして、現地のSIMを購入<1カ月以上の長期留学におすすめ>
  2. 機内モードにしてWIFIのみ使用<1カ月以内の短期留学におすすめ>
  3. ポケットWIFIを契約<1カ月以内の短期留学におすすめ>

それぞれどのくらいの期間留学するのか、そして現地での過ごし方によってもおすすめの方法は異なります。

あなたの滞在期間に合わせて、最適な使い方をしてくださいね!

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事を書いた人:もりなつ

2カ国のワーホリ後、日本での留学カウンセラーを経て、フィリピンへ現地就職。 現在は留学・旅行メインのライターとして活動してます。 これから留学・ワーホリに行かれる人の役に立つ情報を発信中!

あなたにオススメの記事