フィリピン留学2ヶ月の効果と費用、メリット・デメリットをご紹介

フィリピン・セブ島留学を検討している人の中には、

「英語力を伸ばすためには、留学期間をどれくらいにすればいいの?」

「本当に効果は出るの?」

「効率よく英語力を伸ばすためにはどうすればいいのかな?」

と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、大学の長期休みを利用して留学をする人や、転職活動中の社会人を対象に、フィリピン・セブ島留学を2ヶ月した場合の効果や、メリット・デメリットについて紹介していきます。

私自身、セブ島に2ヶ月の留学経験があるため、そのときの経験を踏まえてお話していきたいと思います。

 

「この記事を読むメリット」

・実際に経験した人からの視点で記事を書いている

・有効的な留学生活を送るための方法が分かる

・2ヶ月という期間がどのようなものか分かる

・2ヶ月留学するメリット、デメリットが分かる

 

フィリピン・セブ島留学2ヶ月でできること

2ヶ月と聞くと、人によっては長いと感じるかもしれませんが、実際に留学してみると

あっという間に過ぎてしまいます。

現地の生活や英語力にも磨きがかかってきて

「おっ。ますます楽しくなってきたぞ」というタイミングで留学生活が終わってしまいます。

しかし場合によっては、留学生活は楽しめたけど、英語を十分に話せないまま留学生活が終わってしまう場合もあります。

フィリピン留学を2ヶ月間すると、英語初心者であれば、苦手意識を取っ払い積極的に英語を使い日常英会話レベルまで到達できるケースが多いです。英語中級者の場合は、ワーホリの事前準備やTOEIC・TOIFLの対策ができます。

2ヶ月という留学期間は決して長くはありませんが、英語力を日常会話レベルまで引き上げることができ、多国籍の学校に留学すれば外国人の友人をつくることもできます。

私の場合、英語力がほとんどない状態で留学を開始したのですが、2ヶ月の留学が終わるころには10ヶ国の友人と英語を使って堂々とコミュニケーションが取れるレベルにまで到達できました。

 

フィリピン・セブ島留学を2ヶ月した場合のメリット・デメリット

ここからは、フィリピン・セブ島留学を2ヶ月した場合のメリット、デメリットをそれぞれ3点ご紹介いたします。

ほかの留学先に比べ違ったメリット、デメリットがあるので参考にしてみてくださいね。

フィリピン・セブ島留学をした場合のメリット

英語漬けの日々を送れる

フィリピンはほかの留学先に比べて、圧倒的にマンツーマンクラスが多いです。

欧米留学では、すべての授業がグループクラスで行うという所がほとんどですが、

フィリピン・セブ島留学になると、学校によっては1日最大8時間のマンツーマンのクラスがある所もあります。

もちろんインプットすることも大事ですが、英語を話す機会を増やすことで 英語を話すことの照れや恐れがなくなり、堂々と英語を話せるようにもなります。

フィリピン人の国民性もあり、先生が明るく元気に教えてくれますので、楽しみながら英語を学ぶことができます。

費用が安い

留学をするとなると、費用面が気になってきますよね。

フィリピン留学は欧米と比べると3分の1程度の費用で収めることができ、2ヶ月の留学費用が約30万程(生活費や飛行機代は除く)と、費用を大きく抑えることができます。

日本からも近く時差が1時間しかないことに加え、LCC(格安飛行機)も頻繁に飛んでいるので、航空代も安いです。

さらには物価も日本に比べ3分の1程度なので、アメリカやカナダ、オーストラリアなどの留学主要国国よりも費用をかなり抑えることができるのです。

週末は観光地で息抜きができる

以前私が留学していたフィリピンのセブ島では、多くの観光地があります。

週末には、綺麗なビーチや歴史ある観光名所に行きリフレッシュしていました。

平日は英語の学習をたくさんやり、週末にはリゾートを満喫できるのが、セブ島留学の大きなメリットの1つです。

フィリピン・セブ島留学をした場合のデメリット

現地生活と英語学習に慣れてきた頃に帰国

冒頭でもお伝えした通り、2ヶ月間の留学だと現地の生活にも慣れ、英語学習にも磨きがかかってきた頃に帰国となるので、物足りない気持ちで帰国する場合があります。

ただ、そのまま英語を継続して勉強し続ける人も多く、逆にそのタイミングだからこそ英語学習のモチベーションが続くケースもあります。

留学先で仲良くなった友達と連絡を取り続けて勉強している人も中にはいますし、私もその内の1人です。

 

選ぶ場所によって衛生面が整っていない

フィリピン留学で、しばしば取り上げられるのが衛生面です。ここは避けては通れないポイントです。

近年ものすごい勢いで発展していっているフィリピンは、衛生面や食事面が昔に比べかなり改善はされてきており、学校側も力を入れてきているところが多く見受けられます。

不安な方はできるだけ衛生面に力を入れている学校を選んでみてください。

滞在先をホテルやコンドミニアムに指定できる学校などもあるので、そこは留学エージェントに相談することにより解決するケースも多いです。

 

生活に飽きる

これに関しては個人の工夫次第にはなりますが、学校と滞在先の往復のみになってしまうと生活に飽きてしまうケースもあります。

そうならないために学校でできた友人や先生と一緒に、観光やご飯にいったりするなど、勉強以外のことに取り組む姿勢も大切です。

私の場合は、外国人の友人や学校の先生とよく行動を共にしていたので、リフレッシュしながらも英語のアウトプットの機会を作ることができました。

もちろん日本人の友人もいましたし、英語を使わずリラックスしたい場合は、日本人と出かけることもありました。

 

経験したからこそわかる、有意義な2ヶ月にする5つの方法

まず結論からいうと、もちろん2ヶ月留学したからといって完璧に英語はマスターできません。

英語能力を実用レベルで習得するのに必要な時間は最低3000時間と言われてる通り、英語は勉強し続けていかなければ習得できません。

海外留学をする際のメリットには、環境を変えることで考え方や世界観が変わったり、その上で英語力を鍛えられたるすることがあげられます。

中には英語が伸びた実感がないまま留学生活が終わってしまう人もいるくらいです。

そこで、そうならないために、私の経験を踏まえた上で、フィリピン留学中に有意義な2時間を過ごすための5つの方法をご紹介します。

 

目標を持ち自分が伸ばしたい分野を意識する

目標を持つことは何をするにもとても大事なことです。

例えば、

・TOEIC◯◯◯点取る

・英語を使った仕事ができるようになる

・英語で日常会話を喋れるようになる。

・外国人の友達をたくさん作る

というような目標を立てておくだけで、心構えもでき留学生活は変わってきます。

私の場合は、文法はぐちゃぐちゃでもいいから積極的に英語をたくさん話して、日常英会話を話せるようになることを目標にしてました。

話せるようになることに集中し、その結果たくさんの外国人の友達ができ、スムーズに英会話ができるようになりました。

 

留学前に予習や単語学習をする+日々予習、復習をする

「もっと単語の勉強をしておけばよかった」「授業についていけないときがあった」という声をよく耳にします。

事前にもっと単語の勉強をしておけば、現地で単語を勉強する時間を英語のアウトプットの時間に費やせたり、予習・復習の時間に充てられます。

留学前にこれらの対策をしておくだけで、留学の効果はより高くなります。

 

先生と積極的に仲良くなる

英語を教える先生と仲良くなるということは、授業時間以外にも、英語のプロフェッショナルから英語を学べることになります。

そんなチャンス見逃すわけにはいきませんよね。

フィリピン人の先生は陽気な人が多く、一緒に行動していく中で楽しく英語を学べます。

 

日本人とはなるべく絡まず、外国人と行動を共にする。

ここは私もかなり意識してました。

もちろん日本人と行動することが悪いことではありません。

しかし、日本人と仲良くなるとどうしても英語を使う機会が減り、日本語を使ってしまいがちです。

留学に来ると日本人が恋しくなるのはわかりますが、2ヶ月間というのはあっという間に過ぎていくので、できるだけ外国人と行動して英語を話す機会を増やしましょう。

 

息抜きを知る

2ヶ月という期間はあっという間に過ぎるので、熱心に勉強をしなければなりません。

ただ力を入れ過ぎても、モチベーションが下がったり、勉強に身が入らなくなったりしてしまいます。

そうならないために、適度な息抜きが大切です。もちろん予習、復習に時間を費やすのも大事ですが友達と一緒に週末は観光地巡りをしてみるのもいいでしょう。

そこで生きた英語を学ぶこともできますし、外国人の友人と行くことでそれもまた自然と英会話の勉強になってきます。

 

フィリピン・セブ島留学でおすすめの語学学校

 

EV ACADEMY

短期で集中して結果を出したいならやはりスパルタ校を選ぶのもいいでしょう。

セブに数ある学校の中でもここEV ACADEMYは老舗校にで韓国資本ともあって多国籍な環境で英語を勉強できます。

キャンパス自体も2017年に移転したこともありフランス人オーナーがこだわり抜いてデザインしているのでカフェ、プール、食堂、寮、校舎と全てが、セブで最高水準のクオリティーになっています。

施設自体も綺麗なので、快適に過ごしながら英語に集中して勉強することができます。

 

CIA

こちらはセミスパルタの学校になります。CIAは学校の歴史も古く、規則やカリキュラム、授業スタイルが確立された学校になっているのと勉強とプライベートのメリハリができる学校になります。

こちらも日本人の割合も少なく多国籍の環境で勉強ができる環境になっていま英語漬けの生活を送りたい方にはぴったりかもしれませんね。

 

IDEA ACADEMIA

ここは私自身が留学していた学校になります。セブ留学のパイオニアで、日本人の苦手な話す力も伸ばすことに重きを置いたカリキュラムになっていて日本人資本の学校でありながらも国際化に力を入れているので、国際交流をするチャンスがたくさんあります。

また施設自体もこだわってまるでカフェにいるかのような作りになっています。セブの中心地でもあるマボロ地区に位置しているので立地もかなりいいです。

 

まとめ

この記事ではフィリピン・セブ島留学を2ヶ月間した場合の成果やメリットやデメリットについてまとめました。

何度もいうように、2ヶ月という期間は長いようであっという間です。

ただ”2ヶ月”という期間でも、英語力を十分に伸ばせます。

留学中の貴重な”2ヶ月”をどう過ごすかは、人それぞれですが、無駄に過ごしてしまわないように当記事の内容を意識し、留学生活に臨んでください。

フィリピン留学を検討していて初めて英語を学習したい方、もしくはもっと伸ばしていきたい方はいつでもCEBRIDGEまでお問い合わせください!

経験豊富でフィリピンに詳しいカウンセラーがあなたにとって最適なプランや学校を提供させていただきます。いつでもご相談くださいね。

 

CEBRIDGEお問い合わせはこちら

 

 

カテゴリ: フィリピン留学お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あなたにオススメの記事